大型のシェアハウスを選ぶメリットある?アパートにはない充実した設備とは...

      2017/06/14

シェアハウスと一区切りで言っても物件によって様々な形態があります。

小型の戸建てや一軒屋をシェアハウスにしている物件や、寮のような数年10人から100人規模の大型のシェアハウスまで実に様々なシェアハウスがあります。

今回はその中でも大型のシェアハウスを選ぶメリットについてお伝えしたいと思います。

僕自身ははじめは50人規模のシェアハウスに住んでいました。その後35人ぐらいの規模のシェアハウスに引っ越し今は120人程の大きなシェアハウスに住んでいます。

どのシェアハウスも人気があり、常に満員の状態でした。何ヶ月前から予約して入居したという方も多々いらっしゃいます。

大型のシェアハウスが、なぜそこまで人気があるのかと言いますと、共有スペースであるキッチンやラウンジなどアパートにはない充実した設備が整ってるからだと思います。

例えばですが、料理が好きな方であれば大きなキッチンを利用したいと思うと思います。IH やオーブンなど充実した調理器具が揃ってるところも多いです。

自分で買い揃えるとなるととても大変だと思います。その他にもラウンジには大型テレビや大きめのソファなども利用できます。

シェアハウスによってはシアタールームなどを完備してるところもあります。映画好きのかたにとっては利用してみたいのではないでしょうか。

そのほかにも、スポーツジムなどがあります。マラソンなど長距離走であれば近くの公園でできますが、筋肉トレーニングなど設備がないとなかなか難しいと思います。

その他にも、スポーツジムには大きなミラーがついてあり、ダンスをしたりヨガをしたり通常のスポーツジムと変わらないような設備がシェアハウス内に備えてあります。

このようにシェアハウス内にあらゆるものが揃っているため一度住んでみたいと思う方がとても多いのではないでしょうか。

大型のシェアハウスはとても人気があると思います。僕が大型のシェアハウスを選んだ一番の理由としては都会のアパート暮らしが長いので、家に帰って、ゆっくりとお風呂につかるということはありませんでした。

たまの休みに銭湯に行くぐらいでしたのでどこか、大浴場がついてるような物件はないかと探したところ大型のシェアハウスには大型の大浴場がついているところもあります。

今は毎日お風呂に浸かることができ、疲れも取れ快適な日々を過ごしております。ぜひシェアハウス選びをする際は大型のシェアハウスを検討してみてはいかがでしょうか。

関連コンテンツ001

 - シェアする生き方とは?