シェアハウスにあった最新の設備!?驚きの共用設備トップ3とは?

      2017/06/14

シェアハウスと聞くと皆さんはどういった建物をイメージするでしょうか。

少し前のイメージですと、一軒屋を何人かでシェアするようなイメージを持たれた方も多いかと思います。最近では大型の施設をリフォームして作られたシェアハウスはなどがあり人気です。

今回は、その大型のシェアハウスにあった最新の設備をご紹介したいと思います。

まずはじめに驚いたのは大浴場がついているシェアハウスがあります。これは一人暮らしをする方にとっては毎日シャワーで終わってしまう方も多いと思いますので驚きの設備なのではないでしょうか。

毎日が銭湯気分で1日の疲れをゆっくり癒すことができます。また、大浴場ですので24時間使用でき、お風呂にお湯を沸かす必要もありません。仕事が終わり帰宅しすぐに熱いお風呂に労れるのはとても魅力的なのではないでしょうか。

次に共用設備の中でも行楽施設に驚きました。シアタールーム、スポーツジム、音楽スタジオなどがあります。その中でも一番驚いたのはフットサルコートがついているシェアハウスがありました。

こういった娯楽施設がついているシェアハウスはとても人気が高いと思います。

映画を見たり、筋肉トレーニングをしたり、バンド活動をしたり、フットサルをしたりと、家に帰れば外へ出かけなくても、趣味やスポーツなど楽しいことができるというのもなかなかお目にかかれない魅力なのではないでしょうか。

そして、最後に僕がシェアハウス物件を探していて、一番驚いたのは電動自転車が完備されてるシェアハウスがあります。複数台完備されていて住人に向けにレンタルができす。

駅から徒歩20分など、駅から少し遠めの物件についてあるときがケースが多いのではないでしょうか。

通常、電動自転車を自分で購入するとなると、何十万となかなか手が出せないと思います。ですがレンタルで貸し出しをしていれば少し遠くのスーパーや薬局などへ出かけ重い荷物も持って帰ってくることができてとても便利です。

きつい坂道など電動自転車であればスイスイ楽にどうすることができます。今回はシェアハウスの驚きの句共用設備トップ3をご紹介してきました。

きっとこの他にもいろいろ探してみれば驚きの設備があるかもしれません。

個人的にはシェアハウスに、カラオケルームやダーツ、ビリヤードなどなの設備がついていたら毎日楽しいなぁと思います。

ですがそれは少し贅沢過ぎるかもしれませんね。是非共有設備もシェアハウス選びのポイントにしてみてはいかかでしょうか。

関連コンテンツ001

 - シェアする生き方とは?