シェアハウスを選ぶ時に見逃しがちな事項とは!?できれば確認すべきチェック点とは...

   

これから一人暮らしを始める方の中で、シェアハウスを選ばれる方も多いかと思います。今回はシェアハウスを選ぶときに見逃しがちな事項についてお話したいと思います。

初めてシェアハウスを選ぶ際に、アパートやマンションと同じような感覚で物件を選ばれるかと思います。シェアハウスは場合は、アパートやマンションにはないところが幾つかありますので、できれば確認すべきチェック点をお伝えしたいと思います。

まずはじめにシェアハウスは内見はした方がいいのか疑問に思う方もいらっしゃると思います。やはりアパートを選ぶときと同様シェアハウスも同じように内見をした方が良いと思います。

通常物件を選ぶ際には、日当たりや方角、角部屋、何階建ての何号室の他、部屋の間取りや、エアコン、キッチン周り、トイレ、シャワールーム周りやコンセントの数などを確認すると思います。

もちろんシェアハウスも同じような点を確認すると思いますが、ここでシェアハウスならではの見逃しがちな確認事項について触れたいと思います。

シェアハウスは共有のスペースがあります。自分の部屋以外に共有スペースを確認する必要があると思います。といった設備があるかというのももちろん重要ですが、衛生面なども確認する必要もあると思います。

またきれいに清掃されてるかで、そのシェアハウスの管理者がどんな管理をしているかも確認取れますし、住人の方が自分が使用したものは自分で、きちんと掃除してるかも確認取れると思います。どんな住人が住んでるのかまで見えてくると思います。

もしお会いすることができるのであれば住人の方に挨拶してみるのも良いと思います。軽く挨拶をして気軽に声をかけてくれるのかなどできれば前もってどんな住人さんが住んでるのかも確認できれば良いと思います。

シェアハウスを提供している管理会社の中には、ウェブサイトなどでどういった住人がその物件に住んでるかを公開してるところもあります。

男女、国籍、年代別比率など確認できる物件も増えています。見逃しがちですが、事前に確認できると良いと思います。

またインターネットよく使う方であれば、共用部分のWi-Fi 環境なども内見の際に確認できれば入居してから困ることもないと思います。

こういった共用部分の細かい部分のチェックもできればされた方がいいと思います。

シェアハウスを検討される場合は、個人の部屋の他に、共用部分やどのような住人の方が住んでいるのかなど見逃しがちな事項があるので、ぜひ参考にしていただければと思います。

関連コンテンツ001

 - シェアする生き方とは?