シェアハウスに実際に住んでる人に聞きたい!!シェアハウスでの共同生活について

      2017/06/19

これからシェアハウスに住んでみたいと考えてる方もいらっしゃると思います。

家賃や初期費用、外観などの物件の情報はインターネットで検索すれば調べることができると思いますが、実際に住んでみないとわからない事もたくさんあります。

その中で今回はシェアハウスでの共同生活についてお話したいと思います。共同生活と聞くと学校の寮のようなイメージをされる方が多いのではないでしょうか。

シェアハウスでの共同生活と学校などの寮生活との違いは、いろんな人が住んでるということです。

20代の方も住んでれば、50代の方も住んでいます。ですので年代を超えた交流を持つことができる点が大きく違います。社会に出れば年齢、性別、出身地など様々な方と共に働くことになると思います。

シェアハウスでの共同生活も同じように様々な人と接することになります。いろんな人と話せるという面白さもあるのですが、自分を成長させるためにも良い経験になると思います。

次にシェアハウスで共同生活をするとなると共有のスペースがあります。個人のスペースではないので自分意外の人も利用するスペースになるということを念頭に入れて利用する必要があると思います。

例えば、キッチンで調理をするのであれば、次の人が使うことを考えて後片付けをする必要があります。寮の清掃係が全部やってくれるわけではありませんので、気遣いや思いやりが大切になると思います。

おろそかにしていると注意されたり、場合によっては管理人から注意を受け使用禁止になる場合もあるかもしれません。またシェアハウスでの共同生活は、入居者によってはとくに交流を持ちたくない方もいらっしゃいます。

短期で滞在される方や初期費用も安く家賃も安いので住まれてる方もいらっしゃると思います。共同生活といっても学校の寮とは違い同じ学校に通う生徒同士ではなく、初めは他人の大人の集まりです。

もちろんシェアハウスを選んだもの同士ですのでどこか価値観が近い人もいると思います。ですが基本的にはいろんな人が住んでいるということを前提に共同生活を送る必要があると思います。

挨拶や礼儀など一般常識、社会常識的なところがシェアハウスでの共同生活にはとても重要だと思います。

これからシェアハウスに住んでみようと考えてる方へ、ぜひ楽しいシェアハウス生活を送ってもらうためにも、今回お話したシェアハウスでの共同生活とは...を参考にしていただければ幸いです。

関連コンテンツ001

 - シェアする生き方とは?