ユネスコ イスラエル脱退の理由は?アメリカも抜け世界遺産の数は?

   

10日にアメリカなユネスコから脱退する意向ユネスコ側に伝えたことが明らかになったばかりですが、今度はイスラエルが脱退を表明しましたね。

相次いで脱退した理由は一体何なのでしょうか?

ユネスコといえば、世界遺産で有名ですよね。これでまた世界遺産の数が減ってしまうのでしょうか...

海外旅行が好きな方にとってはとても気になりますよね。

では今回は、ユネスコ イスラエル脱退の理由は?アメリカも抜け世界遺産の数は?

についてまとめていきたいと思います。

アメリカの脱退理由についてはこちらです。

ユネスコ アメリカ脱退の理由は?分担金と世界遺産はどうなる?

Sponsored Link

ユネスコ イスラエル脱退の理由は?

イスラエルの首相ネタニヤフ首相は12日にアメリカとの国連教育科学文化機関であるユネスコ脱退すると発表しましたね。

アメリカの政府機関はこれについて、「勇気のある道徳的な決定」と述べてますね。

ネタニヤフ首相は「ユネスコは不条理になった」と、ユネスコ側に批判を述べています。

では今回イスラエルがユネスコ脱退する理由は何なのでしょうか?

それは今年の7月にさかのぼります。

ヨルダンにあるヨルダン川西岸のパレスチナ自治区のブロン旧市街をユネスコ側が世界遺産に登録すると決定したことが始まりのようですね。

これについて、イスラエル側としては、イスラム教とユダヤ教の同じ聖地である場所でありながら、ユダヤ教徒への考慮がされていないと反発していました。

以前より、パレスチナがある2011年に加盟した。ことによりアメリカもイスラエルも中途和平交渉を損ねてしまってると反発していました。

これが今回の理由とも言えることのようですね。

ユネスコ イスラエルとアメリカも抜け世界遺産の数は?

さて、そこで気になるのはアメリカとイスラエルがユネスコ加盟国から抜けてしまった場合、世界遺産はどうなってしまうのでしょうか?

そして、アメリカとイスラエルがユネスコから抜けた場合、世界遺産の数はどれぐらい減ってしまうのでしょうか?

こちらについて気になる方も多いと思いますので調べてみました。

現在、アメリカ国の世界遺産は23個です。

アメリカ国の世界遺産はこちらsです。

ユネスコ アメリカ脱退の理由は?分担金と世界遺産はどうなる?

そしてイスラエル国は9つあります。

イスラエル国
1 マサダ 文化遺産 / 2001 / (iii)(iv)(vi)
2 アッコ旧市街 文化遺産 / 2001 / (ii)(iii)(v)
3 テル-アビーブのホワイト・シティ?近代化運動 文化遺産 / 2003 / (ii)(iv)
4 香料の道-ネゲヴ砂漠都市 文化遺産 / 2005 / (iii)(v)
5 聖書時代の遺丘群-メギッド、ハツォール、ベエル・シェバ 文化遺産 / 2005 / (ii)(iii)(iv)(vi)
6 ハイファ及び西ガリラヤ地方のバハイ聖地群 文化遺産 / 2008 / (iii)(vi)
7 人類の進化を示すカルメル山の遺跡:ナハル・メアロット/ワディ・エルムガーラ渓谷の洞窟群 文化遺産 / 2012 / (iii)(v)
8 洞窟の地の小宇宙としてのユダヤ低地のマレシャとベイト・グブリンの洞窟群 文化遺産 / 2014 / (v)
9 ベート・シェアリムの墓地遺跡:ユダヤ再興を示すランドマーク 文化遺産 / 2015 / (ii) (iii) (iv)

ですので合計32国の世界遺産などなってしまうのかな?やはり心配ですね。

Sponsored Link

ユネスコ イスラエル脱退の理由は?アメリカも抜け世界遺産の数は?まとめ

いかがでしたでしょうか。

やはり、イスラエルもアメリカもユネスコから脱退してしまうのでしょうか…

今後の動向を見守りたいと思います。

では今回は、ユネスコ イスラエル脱退の理由は?アメリカも抜け世界遺産の数は?

についてまとめてきました。

アメリカのユネスコだったの理由はこちらです。

ユネスコ アメリカ脱退の理由は?分担金と世界遺産はどうなる?

それでは今回はこれにて失礼します。

関連コンテンツ001

 - 雑学・カルチャー