カンピロバクターとは何か...お風呂でうつる?潜伏期間はいつまで?

   

最近耳にするカンピロバクターとは一体何なのでしょうか?

最近テレビなどでよく話題になってますよね。

気になった方も多いと思いますので調べてみました。

人から人へ感染することはあるのでしょうか?

それでは今回は、カンピロバクターとは何か...お風呂でうつる?潜伏期間はいつまで?

についてまとめていきたいと思います。

Sponsored Link

カンピロバクターとは何か...

カンピロバクターとは細菌性の食中毒のことをいいます。

牽引となる食料品は生や加熱はされていない鶏肉です。

また牛レバーから食中毒が発生するケースもあるようですね。

怖いですよね…とくに夏の間はよく加熱してから食べてくださいね。

そういえば…

シェアハウスでも夏にレバーを生で食べてしまい、食中毒になった友達がいました。

やはり同じ生活空間で、空気感染などはするのか心配ですよね。

次の章では、感染についてもす触れてみたいと思います。

お風呂でうつる?潜伏期間はいつまで?

どうやらカンピロバクターは感染力がとても強いようですね。

ただし、乾燥にとても弱いようで空気中の中で長期間生息することは出来ないようです。

つまり空気感染の心配はないということですね。

良かったです…少し安心しましたね。

人から人へうつることはないということでしょう。

ただし、便を介して口に入った場合は感染する可能性があるそうです。

そうなると、お風呂の中と手は少し危険なのかもしれません。

もし感染してる方がいれば一緒に風呂に入るのはやめたほうがいいと思います。

Sponsored Link

カンピロバクターとは何か...お風呂でうつる?潜伏期間はいつまで?まとめ

さてこのカンピロバクターの潜伏期間ですが平均で2、3日長い時では一週間も潜伏するようです。

初期症状は、頭痛や筋肉痛などが現れ、風邪と間違えることも多いようです。2日から5日間程度で回復はするようですね。

ですが、ギランバレー症候群やフィッシャー症候群を起こすという危険性があるようです。

やはり予防が大切ですよね。食べ物の中で感染するまでですので、鶏肉やレバーに関しては必ず十分加熱しから食べるようにしないと危ないですよね。

ですので思っている以上によく焼いてから食べましょう。

本当に皆さん気をつけてくださいね。

では今回は、カンピロバクターとは何か...お風呂でうつる?潜伏期間はいつまで?

についてまとめてきました。

それでは今回はこれにて失礼します。

関連コンテンツ001

 - お役立ち生活情報!