台風 選挙への影響は?繰上げ・期日前の理由…投票率はどうなる?

   

台風21号の日本への接近により20日の総選挙開票日は大荒れの予想がされていますね。

今回の台風21号はランという名前で呼ばれ20年ぶりの最大規模と呼ばれています。

今回の台風が衆院選挙へ与える影響はどれくらいあるのでしょうか。

これだけの大雨になりますと、投票所に足を運ぶのも億劫になりますよね…

それでは今回は、台風が選挙に与える影響についてまとめていきたいと思います。

Sponsored Link

台風21号の名前はラン!選挙への影響は?

2017年台風21号は10年ぶりとなる大規模な勢力を維持して日本に向かっています。

この台風21号の名前ですが、ランといいます。

ラン=嵐

名前から想像できるのは、嵐のような巨大な被害を巻き起こす勢力と言ったところでしょうか。

22日の衆議院選挙投票が繰り上げられた地域もありました。宮城県石巻市の島は、20日に投票、三重県鳥羽市の離島では21日に投票が終わりました。

総務省は、日本全国で繰り上げ投票を行った箇所は109か所となる見込みと発表されてますね。

この影響は少なくとも大いにあるのではないでしょうか。単純に誰に投票するか考える時間が1日2日短くなりますからね。

それに伴い20日の台風21号の大雨ご避けるために期日前投票に行った方も多いと思います。

気象庁さんは台風の影響見込して、事前の早めの投票を呼びかけてきました。

実際に期日前投票をする理由としては、天候が大荒れで投票に行けなくなってしまう恐れがあるからでしょう

台風で投票率はどうなる?繰上げ・期日前の理由!

38年前にも衆議院選挙で、大きな台風の影響により投票率が低下したという事例があります。

消費税が焦点となり多大な影響を及ぼしました。

今回の総選挙も多大な影響を及ぼすと予想されるされることから繰り上げ投票や期日前投票おかかに呼びかけた大きな理由でしょう。

そうですよね。台風の時はみんな外に出たいと思わないですからね…

Sponsored Link

選挙への影響は?投票率はどうなる?

さて今回の台風21号による総選挙に与える影響についてですが、やはりになるのは投票率の低下ですね。

衆院選の結果は22日夜8時頃に発表される予定です。

今回の台風より期日前投票が盛んに行われて結果投票率にっといった影響を及ぼすことになるでしょう。

台風が与えた影響についての結果についての新しい情報が入り次第またお伝えしていきたいと思います。

では、今回は台風21号による選挙への影響についてまとめてきました。

それでは今回はこれにて失礼します。

関連コンテンツ001

 - お役立ち生活情報!