木枯らし1号の条件は何?2017今年の東京・大阪の発表はいつ?

   

10月30日木枯らし1号の発表がありましたね。気象庁は東京地方と近畿地方に木枯らし1号が吹いたと報道しました。

木枯らし1号とは冬の訪れを告げる強風のことをいいます。

2017年もいよいよ本格的な冬の到来ですね。

木枯らし1号の条件とは一体どういったものなんでしょうか?気になりましたので調べてみました。

それでは今回は木枯らし1号の条件は何についてまとめていきたいと思います。

Sponsored Link

木枯らし1号の定義は?関東と近畿の違いは?

木枯らし1号を調べてみると定義があります。

「秋から冬へと変わる時期、初めて北方よりの強い風」のことを言うようです。

つまり季節めのかわりに吹く強い風のことですね。

春にまりますね。春一番の秋バージョンといったところでしょうか。

木枯らし1号は冬型の気圧配置で、シベリアから吹く冷たい高気圧でつまり北風のことです。

関東地方では、毎秒8M 以上の10月半ばの秋から11月まで角冬の間に西高東低の気圧配置によって初めて吹くきた寄りの風です。

近畿地方では最大風速8m 以上で10月24日頃から10月20日頃までの冬型の気圧配置初めて服きたりの数の子と言うようです。

近畿地方では関東地方と比べ、やはりやや遅いようですね。

2017今年の東京・大阪の発表は平年並み?

さて、東京都近畿地方では10月30日に木枯らし1号が発表されましたね。

2017年今年の木枯らし1号の発表は、東京地方では昨年より10日ほど早いようです。

そして、近畿地方の木枯らし1号の発表は昨年より1日遅いようですね。

確かに今日は風が強いです。台風が接近してるのでその影響かなと思っていましたが、窓を開けてみると今日は非常に肌寒いですね。

今夜はますます冷え込むと思います。皆さん暖かい格好して風邪などひかないように気をつけてくださいね。

Sponsored Link

木枯らし1号の条件は何?2017今年の東京・大阪の発表はいつ?

外に出られた方は木枯らし1号の強風に煽られたのではないでしょうか。

今夜はこれまでよりますます冷え込むと思いますので暖房などをつけて寒さ対策をしましょう。

台風の状況も気になりますね。今年は昨年と比べ台風の日本接近が多いような気がします。

木枯らし1号が吹いたわけですかで、これから本格的な冬が到来します。

もうすでに冬服の準備や模様替えなど行ってもいいですね。

いかがでしたでしょうか?今回は木枯らし1号の条件についてなどに触れてみました。

また、季節の情報が入りましたらお知らせしますね。

それでは今回はこれにて失礼します。

関連コンテンツ001

 - お役立ち生活情報!