合憲とは?わかりやすく例文も!反対語の違憲との違いや意味は?

      2017/12/07

NHK受信料の支払い義務を巡って裁判をしていた件で、ついに判決が下りましたね!

最高裁の判決は「合憲」という結果に驚いた方も多いのではないでしょか…いやその前に「合憲」って何?と思われた方が多いのではないでしょか!

気になりましたので、調べてみました。

それでは今回は、合憲についてわかりやすく解説していきたいと思います。

Sponsored Link

合憲とは?わかりやすく!

合憲とは、簡単にいうと「憲法に違反してない」ことです!

今回の最高裁の判決は、NHK受信料支払い義務は「合憲」ということですので、支払いをしなくてはいけません。

要するにNHK受信料の支払いを拒否したら、今後は憲法法違反ということになりますね。

どうでしょうか、わかりましたでしょうか!

でも今まで支払いをされなかった方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。普通にNHK受信料の支払い義務はないものだと思っていた方も多いと思います。

合憲の反対語の違憲との違いや意味は?

合憲の反対語は「違憲」です。意味は憲法に違反していることとなりますが、NHK受信料の支払い義務は「違憲」を予想していた方も多いと思います。

今後は義務化され命じない場合は罰則されるのでしょうか。その辺りが今後の展開を見守るところですね。

テレビを持ってない方やテレビを観ない方も対象になるのでしょうか。これはこれまでと考え方を180度変えていく必要がありそうですね。

たとえNHKさんが支払いを拒否した方を訴えなかったとしても罰則などが命じられることになるかもしれませんね。

今後の展開が気になるところです。

Sponsored Link

NHK受信料支払い義務は合憲!

しかし今回の判決は最高裁がくだしたということはこれはもう本当に決定事項ですよね。

契約をするかしないかは個人の判断だと思っていました。むしろ強引な支払要求に悪質だなと思って困っていたら他の方が多いと思います。

それが今回の決定は、NHK受信料支払い義務は「合憲」ですので今後は考え方を変えなくてはいけませんね。

テレビを見ない時代になってしまいましたがテレビを見なくて支払いをしなくてはいけない時代にもなってしまいましたね。

しかし、急な判決に混乱を招きかねませんので国の方でしっかり決定して欲しいですよね!その方がわかりやすいと思いました。

逆にこれまでがあやふやすぎたのかもしれませんね。

それでは今回は、合憲についてわかりやすく開設いたしました。今回はこれにて失礼します。

関連コンテンツ001

 - お役立ち生活情報!