黒潮大蛇行とは?2017首都圏の降雪量増加や漁場変化の影響は?

   

12年ぶりの黒潮大蛇行で、首都圏に雪が今年はたくさん降るのではないかという予想が立ってるようですね。

そうなんだ…首都圏に大雪が降るかもしれないということかなぁと思った方も多いと思います。

では、そもそも黒潮大蛇行とは一体何なのでしょうか?気になりましたので調べてみました。

それでは今回は、黒潮大蛇行についてわかりやすくスポットを当ててみてみようと思います。

Sponsored Link

黒潮大蛇行とは?

黒潮大蛇行とは、日本の南岸に流れる暖流そして黒ショウガを大きく迂回することを指します。

海上保安庁の発表では観測史上なんと3番目の黒潮大蛇行のようですね。結構どころではないのでしょうか?なんと8月下旬に発生した大蛇行は、12年ぶりということです。

12年ぶりですか?もしかして今年は12年ぶりの大雪になってしまうのでしょうかね。

この年末に帰省される方もいらっしゃると思います。雪には十分気をつけた方が安そうですね。

去年も大雪だったと思いますが、今年はもっと大雪の可能性が高くなりますよね。そして雪が降れば降るほど寒くなると思います。今年は例年より随分早く寒さが訪れたような気がします。

風邪などひかないように十分気をつけてください。

2017首都圏の降雪量増加は?

さて気になるのは2017年首都圏の降る雪の量の増加ですね。

1965年以降にこれまで6回観測されている黒潮大蛇行はきわめて珍しいものになりますよね。

その間もやはり大雪が降ったのでしょうかね。大蛇行な、何かすればするほど長期化する思考があるようです。静岡の伊豆半島の南端で約370キロの黒潮を確認したようですが、11月29日から12月1日2観測したときは11月3日に観測した時よりも約20キロほど何かしていたそうですよ。

ということは長期化する恐れがあるということですね。これは2017年18年とは大雪が降る可能性が高くなっなりましたね。

Sponsored Link

漁場変化の影響は?

そして今回の影響で、漁場に変化が、出始めるのではないかという予想も立てられてるようですね。

黒潮ななんかしてるということは一体どうなってしまうのでしょうか?例年より魚が取れなくなってしまうのでしょうかね。

いずれにせよ今回の黒潮大蛇行は12年ぶりとありこれまでにない自然の影響がでそうですね。災害などにつながらなければいいのですが…

今年は沢山の自然災害が多かったような気がします。台風の勢力も非常に大きかったですよね。その影響で川が氾濫することもありました。

その他にも、宇宙からの影響の太陽フレアなどもありましたね。2017年も残すところあとわずか、来年は一体どういった年なのでしょうか?

もしかしたら年末大雪が待ってるかもしれませんね。

それでは今回は、黒潮大蛇行についてスポットを当ててみました。それでは失礼します。

関連コンテンツ001

 - お役立ち生活情報!