大島洋平 荒木流がかっこいい!2017年打率成績と年俸推移は?

   

中日ドラゴンズの大島陽平外野手が荒木流で見事なリーダーシップを発揮しチームメンバーから賛称の声が上がってるようですね。

さて、の大島洋平選手の荒木流とは…どういったことなのでしょうか。気になりましたので調べてみました。

やはりキャプテンとしてチームメンバーから支持されるのはやはり何かチームを引っ張るもの持ってるのでしょうね。

それでは今回は中日の大島陽平外野手の荒木流について82017年の成績と年俸の水等についてスポット当ててみたいと思います。

Sponsored Link

 大島洋平 荒木流がかっこいい!

現在小島陽平外野手は大阪にある日本生命のグランドで毎年恒例の自主トレーニングを行っています。

そこで自主合宿になるためホテルに長期滞在することになってるようです。

大島洋平選手となれば来期の推定の年俸は1億8,000万円で契約したと言う情報があります。

これだけ年間稼ぐ選手ですので、毎晩宿泊するのに少し豪華な高級ホテルなど滞在する事は簡単にできますよね。

ですが、昨年一白20,000円の高級ホテルに泊まっていましたが現在は後輩選手と同じホテルの一白7,000円のビジネスホテルに一緒に宿泊してるようです。

理由は、「後輩の食事は全部出してもいいと思っているが、一応それぞれ給料もらってるわけだから、ご飯は毎回連れて行くけども...せめて宿泊するところは各自で出してもらいたいと思う。と荒木先輩の時もそうだったから…」

荒木流の教えてで「いくら年俸がまだ安かったとしてもプロとしての誇りを持て」と教えられてきたそうですその教えを引き継いで現在は後輩たちに面倒を見てるようです。

荒木流を継承して今度自分が後輩たちに教えている姿ががかっこいいですね。

スポーツマンシップに則って先輩後輩の関係って本当にいいですよね。プロ野球と言うものを真摯でありたいものです。

2017年打率成績は?セ・リーグ打率と性格は?

さて2017年の大島陽平外野手の打率ですが最終着地が.313でした。

セ・リーグでは、宮崎、マギーに続く3位でしたね。途中骨折などの怪我もありましたがこの打率のかなり好成績を収めましたね。

この真面目でかっこいい性格が好成したと思ういいます。引き続き荒木流していっていただきたいと思います。

春日のキャプテンシー本当に見習いたいところですよね。

Sponsored Link

年俸推移は?

さて大島洋平外野手の年俸ですが2009年にドラフト後に出入団し契約金は50,00万でした。先客85年11月9日生まれの大島投手は年俸はうなぎ登りに上がってきています。

まず2010年ですが、この時は年俸12,00万円そして翌年2011年には18,00万円と600万円ほど上がっています。

そこから2012年は25,00万円、そして2013年は75,00万円と、この4年間で7倍以上に膨れ上がっってるようですね。

2014年は56,25万円と若干落ちましたが、翌年の2015年にはまた74,00万円と上がっています。

そして2016年は90,00万円もうすぐ1億と言うところで2017年今年は1億5,000万円

そして来年2018年の年俸は過ぎて1億8,000万円と言われています。

本当にすばらしいですね。

ぜひ来年は先輩荒木流をうらの行っていただきまたさらに大きな成績をあげて欲しいなと思います。

それでは今回は大島陽平外野手の荒木流についてスポット当ててみました。それでは今回はこれにて失礼します。

関連コンテンツ001

 - スポーツ