今、多くの人がシェアハウスを選ぶ理由とは?

      2017/06/14

「早く一人暮らしがしたい!」と言う言葉を耳にすることがあります。

僕も若い頃は実家を離れて自由に一人暮らしをしたいと考えたものです。ですが、いざ一人暮らしをしてみると意外と寂しいものです。

家でご飯を食べる時は1人で食べます。1人で料理を作ると材料が余ってしまうので、コンビニやスーパーでお弁当やお惣菜を買ってきて味気ない晩ご飯を1人テレビを見ながら食べます。

それが普通です。

今、多くの人がシェアハウスを選ぶ理由は、まずここにあるのかなぁと思います。

相反してシェアハウス暮らしは、まったく寂しさを感じない生活です。食事の時はいつも誰かとご飯を食べることができます。気が合う仲間ができれば一緒に料理を作ってシェアすることもできます。

そしていつしかテレビを見なくなります。(笑)

でも確実にこの1人じゃなくなるというところが大きいと思うのです。孤独を感じやすい世の中だからなのか、少人数の家族が多いせいなのかは定かではありませんが、シェアハウスの住人は寂しがり屋が多いような気がします。

もちろん僕も寂しがり屋の代表です。(笑)

そういえばこんなことがありました。ある日シェアハウスのラウンジ内で、ふとした会話からどうしてシェアハウスを選んだのかということが話題になりました。

その答えは沢山の出会いがあるからや、家賃が安いからなどといったごく当たり前の答えが多かったのですが、ある人が突然「出会いなら別に他の場所でもあるし、家賃の安いところなんていくらでもあるやろ?結局みんな寂しがり屋なだけやん!」と言いました。

全員沈黙。図星すぎて意気消沈。みんな素直に「確かに!!!」全員が一つになったうれしはずかしな瞬間でした。(笑)

一人暮らしの良さもありますが、1人になりたいときはいつでも部屋に帰れば1人になれるわけなので、正直一人暮らしとあまり大差ないです。

僕もシェアハウスに住みながら、1ヶ月以上引きこもりになることもよくあります。ですが、また気付くとラウンジでハウスメイト達と夕食を食べる日々に戻っています。

シェアハウス生活の魅力はまだまだありますが、それはこれからゆっくりお伝えしていきたいと思います。

もしこれを読んでる寂しがり屋の方がいらっしゃいましたら、一度、シェアハウス生活を送ってみてはいかがでしょうか?

「早くシェアハウスで一人暮らしがしたい!」という言葉もそのうち、聞けるようになるかもしませんね。

共感頂ければ幸いです。

関連コンテンツ001

 - シェアする生き方とは?