京大iPS細胞研 研究不正とは?論文の捏造・改ざんの調査結果は?

   

京都大学のiPS細胞研究所が発表した論文に捏造や改ざんなどの研究不正があることがわかりましたね。

またどうしてこういった研究不正があいつぐのでしょうか。論文の不正は残念でなりませんね。

気になりましたので調べてみました。

それでは今回は京都大学のiPS細胞研究不正についてスポット当ててみたいと思います。

Sponsored Link

京大iPS細胞研 研究不正とは?

22日に京都大学の山中所長と副学長が会見をし調査結果を発表しました。

不正があった論文については2017年2月米科学誌ステムセルリポースに発表した論文のようですね。

論文の内容としては、iPS細胞から血液脳関門と同じ特徴を持つ脳の血管内皮細胞作ったとの研究内容でした。

なんだか研究内容がむずかしくてよくわかりませんね。

血管内皮細胞とは、どのようなものなのでしょうか?

血管内皮細胞とは、脳を守るため、脳に入る血液中の物質を制限する働きがあるようです。

なるほど脳を守るための研究なんですね。

論文の捏造・改ざんの調査結果は?

さて気になる論文の捏造や改ざんの調査結果の内容ですが、新詳しいことには触れられてないようです。

どの部分が捏造や改ざんされていたのでしょうか。

気になりますよね。以前に小保方さんも捏造や改ざん行ったと言う結果となりました。

どうしてこういった捏造や改ざん行ってしまうのでしょうか。

論文の発表があったとその論文の中に信頼性について京都大学の研究所に疑問の声が寄せられてたようですね。

実験をした測定値のデータ等から論文の1部の部分が暗くの再構成をもう一度試みてみたが再燃することができなかったようです。

同じことを2度やってできないと言う事はやはり捏造や改ざんがある可能性は非常に高いと言うことですよね。

以前にも小保方さんがお同じ実験をして同じ結果を得なかったと言うこともありましたよね。

論文発表してその通りにもう一度やってみたらできなかったと言うのは非常に苦しい状況です。

Sponsored Link

京大iPS細胞研 研究不正とは?論文の捏造・改ざんの調査結果は?

ネット上では様々な声が寄せられてますね。

隠さないで欲しい、iPSで人の命を作ることができるのを待ってる人たちがたくさんいる今回の不正はとても残念です。

そうですよね。こういった研究で、これまで直せなかった病気は治せるようになるかもしれませんし、そういったものに期待している多くの皆さんがいらっしゃると思います。

本当にこういった論文の捏造や改ざんと言うのはやめてほしいです。なぜそういった研究の不正を歩なってしまうのでしょうか。本当に不思議でなりませんね。

今回は京都大学のiPS細胞研究生についてスポット当ててみました。それでは今回はこれにて失礼します。

関連コンテンツ001

 - 芸能・ニュース