低温注意報とは?東京23区の気温は?33年ぶりの大寒波の基準値!

      2018/01/31

東京23区で33年ぶりの大寒波による低温注意報が発令されました。

これはものすごい寒さになりそうですね。さて低温注意報の東京23区の基準値は何度位なのでしょうか?

気になりましたので調べてみました。

それでは今回は、低温注意報東京23区の基準値等についてスポット当ててみたいと思います。

Sponsored Link

東京冬の23区の基準値の温度は何度?

東京23区では低温注意報を発令する際の基準値がマイナス7度以下と言われています。

低温注意報発令されたと言う事は25日はマイナス7度になるかもしれないということですね!

時間帯は朝方のようですね。予報では東京23区の朝方の温度はマイナス4度と出ていますね。

33年ぶりの大寒波とは、一体どれぐらい寒いのでしょうか?

◼︎ 33年ぶりの大寒波の理由!

実に1985年の一月末以来の低温注意報のようです。平成に入って1番の寒さになりますね。

これは相当寒いと思って間違いなさそうです。経験がないのでどれだけ寒い日の予想がつきませんが実に33年ぶりの大寒波と言うことなので予想をはるかに超えるかもしれません。

本当に注意が必要ですね。

マイナス7度と言うと髪の毛も凍ってしまう位の寒さだと思います。

東京で暮らしてきた方にとってはあまりなじみのない寒さだと思います。寒さ対策には充分気をつけたほうがいいですね。

内陸の方ではさらに強い寒さが予想されてるようです。

Sponsored Link

◼︎ 低温注意報 東京23区の基準値は?33年ぶりの大寒波の理由!

さて今回33年ぶりに東京23区に電音注意報が発令されました。

基準値はマイナス7度以下の大寒波になりますので路面の凍結や水道管が凍結して水がでなくなったりする恐れがありますね。

特に明日、25日の朝方は十分注意が必要です。

外に出るときは無理せずゆっくり歩くとか、焦らず通勤した方がいいですね。先日の大雪の時もそうでしたが、なにせ33年ぶりとなりますので東京23区ではこれといった対策は寝られてないかの迫ります電車止まったりとかそういった恐れもあるかもしれませんので、時間に余裕持って行動したほうがよさそうですね。

それでは今回は低温注意報東京23区の基準値についてスポット当ててみました。

それでは今回はこれにて失礼します。

関連コンテンツ001

 - お役立ち生活情報!