御神渡り 出現兆候は?2018年5季ぶり諏訪湖の場所はどこ?

   

諏訪湖の御神渡りの時期が今年もやってきました!出現予兆があるようです。これだけ冷え込んでますからね、期待してしまいます。

2018年今年こそは見られるのかと言うことで、楽しみにしている方もいらっしゃると思います。

では今回は、諏訪湖の御神渡り2018についてスポット当ててみたいと思います。

Sponsored Link

御神渡り 出現兆候は?

諏訪湖の 御神渡りの季節がやってきましたね。

今回で5年ぶりの出現の可能性が高まっているようです。
今年は大寒波と言うもう寒さの中、既に秒読み段階に入っているようで、2、3日様子を見たいと話しているようです。

長野県諏訪市は最低気温が氷点下8.4度まで下がっているようでとても諏訪湖の氷が増してるようです。

期待する方にとってはもっともっと寒くなってほしいと言う願いが届くといいですね。

2018年5季ぶり!

この自然現象ですがこれまで4年連続確認はされてないので今年こそはと思う方が多いと思います。

御神渡りとは、諏訪湖の最低気温が1番冷え込む時期に、凍っている湖の氷が蛇行しながら、せり上がる現象のことをいいます。

発生時期はマイナス10度以下の日がおよそ1週間ほど続くと発生する可能性が強いようです。

今では大体1月下旬から2月下旬まで発生する可能性が高かったようですね。

ぜひ今年こそは発生してくれるといいですね、期待が高まります。

Sponsored Link

御神渡りのスポットは?諏訪湖の場所はどこ?

今年は東京でも大雪となり大寒波が日本に上陸していますね。

本当に今年は寒いですよね。どうやら2月1日今夜の夜からも東京では雪が降り出す予報になっています。

きっと長野県の方ではもっと雪がたくさん降っていて本当に寒いんだと思います。ですが、その寒さが今回の5年ぶりの御神渡り出現となってくれることを願うばかりです。

大雪警報 学校や会社が休みになる可能性は?休校休業の判断基準は?

諏訪湖の全体を見渡せる場所北側と南側がスポットとしては良いようです。また、立石公園からも諏訪湖を上から見渡せるようです。

ぜひタイミングが合えば見に行きたいですね。

それでは今回は御神渡りの予兆出現についてスポット当ててみました。

それでは今回はこれにて失礼します。

関連コンテンツ001

 - 神秘・ミステリー