大島僚太のポジションや特徴!プレースタイルは?守備もうまい!

      2018/06/04

ロシアワールドカップに向けてサッカー日本代表西野ジャパンが現在現地入りしているところですが、今話題となっているのはやはり気になるレギュラー争い。

日本代表のカギを握る男、大島僚太選手はやはり気になるところです。

長谷部がスリーバックとしてボランチから外れてしまった今、ダブルボランチの重要性が出てきてますね。

ガーナ戦での起用のされ方を振り返ってみても西野監督に大島僚太選手が期待されています。

それでは今回は、大島僚太選手のプレースタイルやポジション特徴についてスポット当てていきたいと思います。

Sponsored Link

大島僚太 ポジションや特徴!

まずはポジションですが、代表でもクラブチームでもMF(ミッドフィルダー)ですね。

川崎フロンターレではボランチで中村憲剛選手とタックを組む時があります。現在は中村ケンゴ選手がトップ下に移動したことから、下がり目での司令塔として小島選手がチームの舵を握っています。

代表でもボランチの位置が定位置と待っていますね。

やはりその理由とししては、パスを散らし的確な判断でボールを運んでいく特徴が見受けられます。

まさにボランチの位置としてはベストなポジションと言っても過言ではないでしょう。

プレースタイルは天才!

大島選手は若い頃から万能ルーキーとして一目置かれている存在です。人見知りの性格からあまりしゃべらない事で知られているところですが、

現在では発言もするようになりチームの中心選手として活躍しています。

やはりここにきて日本代表に選ばれる位ですのでプレイ以外でも相当な努力をされたと思われますね。

大島選手はベテラン選手からも天才と言われる理由は、ずば抜けた部分と言うのは特にないかもしれませんが、オールマイティーに優れているという特徴持っています。

特に大島選手のポジションであるボランチは何かのかけるとバランスが崩れてしまうそんなポジションでもありますね。

時に攻撃的になり時にしっかり守備もする。ゲームを見据えコントロールする姿勢も必要となります。

この点が大島選手は金備わっているので、日本代表にも選出されたのだと思います。

Sponsored Link

守備はうまい?それとも下手?

やはりボランチの位置になると守備的ミッドフィールダーになるので守備も上手でないとなかなかこのポジションがこなせません。

ましてやロシアワールドカップでの対戦国は、攻撃的チームが多いです。

中でも大攻めのコロンビアはワントップにファルカオ、そして前回ブラジルワールドカップでMVPを獲得したハメス・ロドリゲス選手がいます。

大島選手の守備を認めるのは同じチームである川崎フロンターレのもう1人司令塔、中村憲剛選手です。

その中村憲剛選手が認めるぐらい大島選手は守備もできる万能な選手です。

さてロシアワールドカップぜひ大島選手が活躍して予選突破をしていただきたいですね。

それでは今回は、大島僚太選手についてスポット当ててみました。それでは今回はこれにて失礼します。

関連コンテンツ001

 - スポーツ