シェアハウスで住むメリットとデメリットは?

      2017/06/14

「シェアハウスに住んでいます!」というと、よく色んな質問を受けます。

今まで聞かれた質問を思い返してみると、「家賃はいくら?安い?」とか、「何人住んでるの?うるさくない?」とか、「テラスハウスみたいな感じ?付き合った人とかいる?」とか数えたらキリがないくらい様々なことを聞かれます。

シェアハウスに住むつもりはなくても、どんな感じなのか気になると思います。

今日は、僕が実際に7年間住んできて、感じたシェアハウスで住む良い点、悪い点について書いていきたいと思います。

ではまず、メリットとしてはじめに挙げられるのは、敷金礼金がかからない点です。

私の場合は初回家賃+共用費の3万円のみで入居しました。これはかなり大きいです。一人暮らしを始めると初期費用がかさみますからね。

また、家電、電化製品、ベッドや冷蔵庫、食器類や洗濯機まで普通に暮らす上で必要な家具は揃っている点です。これもかなり魅力的だと思います。

引越しはかなりの費用と、買い揃えるための膨大な時間がかかってしまいます。

スーツケース一つで入居し、スーツケース一つで退去できる。あまり物を持ちたくない僕としてはこの身軽さもメリットの一つです。

他には家賃+共用費として、光熱費とインターネット接続費用が含まれている点です。

そのため、毎月費用は固定費となり、それ以上かかることはほとんどありません。これまで住んできて一度だけ電気を使いすぎて+1500円を払ったのを覚えていることくらいです。

次に、やはり色んな人と出会えることが最大の魅力!!

普通に暮らしてたら出会うことの出来ない人と出会えますし、ある出会いから人生観が変わることだってあります。

国や地域、性別年齢問わず、様々な趣味や仕事、あらゆる方々と出会うことができます。時には親友ができたり、パートナーができたりする人もいます。

では逆に,、デメリットについてですが、、

はじめに、シェアハウスですので自分の部屋以外は共用スペースとなります。

シャワーを使おうとしたら使用中だったり、料理を作ろうと思ったらキッチンが綺麗でなかったりと、想定外のことが多々あります。

今日はラウンジのテレビでサッカー日本代表を応援しようと思ったら、すでに甲子園を見てたりとか...(笑)

次に、色んな人が住んでるので、自分に合わない人とも一緒に暮らさなければいけないことです。

例えば、隣の部屋の人が深夜帰ってきてうるさいとか、週末ラウンジで酔っ払いが騒いでるとかでしょうか...。

「シェアハウスで出会い彼氏彼女ができました!」そこまでは良いのですが、別れてしまったときが大変です。

なぜなら距離を置くことができないからです。

その時はスーツケース一つで、出ていくことになるかもしれませんね。いやいやすいません...(笑)

実際に住んできて感じたデメリットでしたので、あしからず。

関連コンテンツ001

 - シェアする生き方とは?