シェアハウスの共有スペースには何がある?共用部の設備教えて!

      2017/06/14

シェアハウス内の共用部にどんな設備があるかはハウス選びをする際にすごく重要なポイントになると思います。

僕も運動不足を解消するためにスポーツジムがあるハウスを選びました。最近ではそういった設備が揃っているシェアハウスが増えてるような気がします。

ではどういった共用部の設備があるかといいますと、基本的にはラウンジ、キッチン、シャワールーム、トイレ、洗濯ルームはとこのシェアハウスにもあるのではないでしょうか。一つずつ説明しますね。

まず共有ラウンジですが、置いてある家具としてはテーブルやソファー、テレビ、エアコン中には共有パソコン名を置いてあるところもあります。

キッチンにはコンロ、電子レンジ、炊飯器、包丁まな板フライパン、鍋、食器類などの料理で使う道具一式があります。

シャワールームはシェアハウスの規模にもよると思いますが、数箇所設置されてるケースが多いです。トイレも各フロアにあります。

きれいなところですと、ウォシュレット付きのトイレがあります。洗濯ルームには洗濯機、乾燥機も置いてあるところが多いと思います。

僕の住んでるところではドライルームというところがあります。ベランダがないけれども、ドライルームがあるので洗濯が干せないということはないので便利です。

一般的に普段生活する上で必要なものとしてはこんなところでしょうか。

次はシェアハウスの中でも、面白い設備を完備してるところがあるので教えしたいと思います。

まずはシアタールームです。プロジェクターとスクリーン、オーディオスピーカーなどのサウンドシステムはついているところもあります。

僕の住んでるところでも、シアタールームがありましてたまにレンタルショップでDVD を借りてきて映画鑑賞しています。

その他にも、スポーツジムを完備している所があります。ジムに通おうと結構お金がかかってしまいますのでとても便利だなと思います。

音楽スタジオを完備している所もあります。ミュージシャン音楽をされてる方は非常にいのではないでしょうか。

その他には、屋上に洗濯物を干せるスペースがあるところもあります。また、ちょっとしたガーデンがついてるところもあって、野菜などを育てることもできます。

駐輪場や駐車場が置いてあるところもあります。車を持ってる人は駐車場が付いてるととても便利だと思います。

今日は共有部の設備について触れてきました。シェアハウスを選ぶ時のポイントになるのではないでしょうか。

関連コンテンツ001

 - シェアする生き方とは?