シェアハウスで仲良くなるコツとは?ハウスメイトが出来る簡単な方法

      2017/06/14

シェアハウス生活をされてる方には、なかなかなじめず困ってる方もいらっしゃるかと思います。

僕はこれまでシェアハウス生活を送ってきて感じた仲良くなるコツは、いくつかありますが、簡単な方法としては、2つあります。

まず一つ目ですが、毎日共用スペースであるラウンジに行くということでしょうか?そこまで深く考えず毎日キッチンで料理を作ってラウンジでご飯を食べればいいと思います。

毎日ラウンジに行くと誰かと話すきっかけは必ずできると思います。よく顔を見かける人同士すぐ仲良くなることが多いと思います。

話すきっかけはなくても毎日ラウンジで料理を作って食べれば、家族のような雰囲気になります。そうすることで、かしこまって話す必要はなくなるのではないでしょうか。

なんとなく同じ空間にいつも一緒にいるただそれだけで、気づいたら仲良くなってたということがよくあると思います。

次にハウス内でどこかで会ったら必ず挨拶をするということでしょうか。おはよう、こんにちは、こんばんは、おやすみなさい、やはり挨拶をすればゆっくり話す機会がなくてもだんだんと慣れてきます。

するといしか普通に会話ができるようになります。この2つのことに共通してるのは同じ屋根の下に住む人同士ですので、家族がするような当たり前のことをすることがすぐに仲良くなるコツなのではないでしょうか。

きっとあまり深く考える必要はないと思います。ごくごく普通の家族が、顔を合わせたら挨拶をし、毎日一緒にテーブルでご飯を食べる。ごくごく普通のことですね。

僕も長年シェアハウスに住んでいて気づいたことですが、ごくごく普通の家族がするような挨拶や、一緒にご飯を食べるを逆にやらなくなると存在を忘れられてしまいます。それは寂しいですね。

また、きっとこの人とは気が合わないだろうなと思っていた人でも意外と何かのきっかけで仲良くなることがあります。実際話してみると、意外に趣味があったりとか、ときには親友になれたりすることもあると思います。

逆にすぐに仲良くなれたのに、短期的にシェアハウスに住む方もいらっしゃいますので、すぐに出て行ってしまい寂しいなと感じることもあります。

シェアハウスで仲良くなるコツとは?ハウスメイトが出来る簡単な方法をまとめると、仲良くなろうとかはあまり考えず、ごくごく普通に普通の生活を送れば自然と仲良くなれるのではないでしょうか。

ぜひこれからシェアハウス生活を送ろうと考えている方は参考にしていただければ幸いです。

関連コンテンツ001

 - シェアする生き方とは?