シェアハウスの男女比率は?男性が多い?女性が多い?

      2017/11/18

さて今回はシェアハウスの男女比率についてお話したいと思います。シェアハウスの男女比率についてはよく友達に聞かれる質問です。

僕がこれまでシェアハウス生活を送ってきて男女比率について感じたことですが、男6、女4ぐらいの6:4の比率多いように思います。

もちろん地域や、シェアハウスにもよると思いますが、若干男性の方が多いような気がします。

シェアハウスを懸念される方も多くいらっしゃると思いますが、今の時代、男女問わずシェアハウスを選ばれる方が多いです。女性専用のシェアハウスなどもあります。

ですが、男女混合のシェアハウスは大きな意味で社会勉強になるのではないでしょうか。生まれも育ちも年齢も違う男女が一つ屋根の下に暮らすわけですので、あまり他にはない貴重な経験をすることができると思います。

どういった行動をとると、異性とうまくコミュニケーションをとっていくことができるのか、とても勉強になると思います。

職場のような上下関係もなく、同じ立場で同じ場所に住んでるわけですので、その人の性格、その人の人間性というのがストレートに表現されます。

キッチンで料理をしているとやはり几帳面に水周りをきれいにしている女性の方を見受けられます。

男性の方が若干大雑把なような気がします。料理を見てみると男性の料理はやはり男の料理ではありませんが、味付を見ても細かいことはあまり気にしてないですね。

女性の方のほうが、やはり味付けにすごく気を遣ってるような気がします。こういった経験も男女混合のシェアハウスに住んでみて気付いたことだと思います。

お酒を飲む方も男性の方が多いような気がします。ラウンジで毎晩お酒を飲んでいる女性の方はあまりいらっしゃいませんね。

これは不思議なことですが、僕がこれまでシェアハウスに住んできて男女比率について感じたこととしては、シェアハウス全体では、6:4の男女比率ですが共有スペースであるキッチンで料理を作りラウンジで食べる男女比率は5:5になることが多いです。

おそらくですが、やはり女性の方が料理を作ることが多いのかなと思います。

そう考えますと、いつも共有スペースであるラウンジではちょうど男女が半々ぐらいになり、男子寮へや女子寮のような雰囲気になることはありません。これもまたシェアハウスの面白いところだと思います。

ぜひ学生時代、男子校や女子校に過ごされた方は、一度シェアハウスに住んでみてはいかがでしょうか?これまでにない経験ができるかもしれませんね。

関連コンテンツ001

 - シェアする生き方とは?