シェアハウスの契約期間はどれくらい?更新について教えて!!

      2017/06/14

今回は契約期間が更新手続きについてお答えしたいと思います。

契約期間については、その物件の管理者にのよるとは思うのですが、シェアハウスにおいて契約期間というのはそこまで長いものではありません。

普通にアパート暮らしをすれば契約期間は2年ぐらいが一般的だと思います。ですが、シェアハウスは短くて3ヶ月長くて半年というところが一般的なのではないでしょうか。僕の住んでるシェアハウスは半年契約になってます。

では、その半年後の更新手続きはどういったものがあるかといいますと、更新の手続きの契約書を記入するというものです。

契約書を記入するのみで、特に更新料金などはありません。これもまたシェアハウスを選ぶ大きなメリットになるのではないでしょうか。

ですので、あと数ヶ月でアパートの更新なので、そろそろ次の引っ越し先探しを始めようかなとか、そういったことを考える必要がなくなります。

こういった契約期間が短く更新の手続きも面倒な手続きもなく費用もかからないので、海外からこられる方がシェアハウスを選ばれる一つの理由にではないでしょうか。

ですので、中には3ヶ月住んでみて別のハウスに今度は引越し、また3ヶ月後に元のハウスに戻ってくる海外の方などもいらっしゃいます。せっかく日本に来たので、いろんなところに住んでみたいというところからなのでしょうか。

東京に3ヶ月間、京都に3ヶ月間という方を何回か見かけたことがあります。あれ帰ってきたの?いや旅行に行ってたのという具合に。3ヶ月ぶりに再開することも多々あります。

日本人の方でも一度シェアハウスに引っ越してきて、3ヶ月が経ち、また別のシェアハウスに引っ越したが、元のシェアハウスの方が良かったからという理由で戻ってくる方もいらっしゃいます。

そもそも住まいというと、普通にアパートを借りた場合そう簡単に引っ越せるものではございません。ですが、シェアハウスに住めば初期費用も安いですので3ヶ月後に別のところに引っ越すことも可能になるということです。

こういった更新期間が短く更新費用もかからない点もシェアハウスを選ばれる大きなポイントになるのではないでしょうか。

僕自身もシェアハウスを3回程引っ越しをしましたが、その時感じたこととしては、入るときも出て行くときも手続きが簡単だということでした。

あまり長い目で考えず、まずは経験のためにシェアハウスを選ばれるのも良いと思います。では今回はこの辺で。

関連コンテンツ001

 - シェアする生き方とは?