ライダー俳優 大渋滞の注目株は?平成最後のブレイクは誰?

   

近年、仮面ライダーの俳優を務めた役者が次々とブレイクしています。

その中でも仮面ライダードライブに出演された竹内涼真さんが大ブレイクし朝ドラに出演ともっとも大ブレイクした俳優になりました。

なぜ、ライダー俳優はこれほどまで人気が出てきたのでしょうか。

気になりましたので調べてみました。

それでは今回は、ライダー俳優の次の注目株は誰なのか?についてお届けしたいと思います。

Sponsored Link

ライダー俳優 大渋滞の注目株は?

今現在、次のブレイク役者として注目されているライダー俳優は何人もいますね。

既にブレイク中といってもいいぐらい人気のあるメンバーですよね。

佐藤健、菅田将暉、吉沢亮。

といった皆さんもご存知の今、乗りに乗ってる若手俳優陣。

Sponsored Link

ライダー俳優 平成最後のブレイクは誰?

そんな中で、いち早くブレイクするのは誰なのでしょうか。

まさに平成最後のライダー俳優ブレイク。

仮面ライダードライブ以降の俺ライダーと俳優さんを見ていきましょう!

『仮面ライダーゴースト』(2015年~2016年)西銘駿

 主人公・天空寺タケル役を務めたのは、オスカープロモーションの男性エンターテインメント集団「男劇団 青山表参道X」のメンバーでもある西銘駿。2014年11月に「第27回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」でグランプリを受賞して芸能界入りし、1年以内に“ゴースト”の主演に抜擢というシンデレラボーイだ。“ゴースト”放送以後はシェフ、刑事といった社会人役を演じることが多かった西銘だが、昨年公開された映画『走れ!T校バスケット部』では、気弱な高校1年生バスケット部員役を瑞々しく好演。今年2月公開の映画『リケ恋~理系が恋に落ちたので証明してみた。~』では主演を務め、恋に不器用な理系男子を演じるなど着実にキャリアを重ねている。

引用元:Real Sound

『仮面ライダーエグゼイド』(2016年~2017年)飯島寛騎

 主人公・宝生永夢役を演じたのは、西銘の翌年に“ジュノン・ボーイ”グランプリを獲得し、同じく「青山表参道X」のメンバーでもある飯島寛騎。昨年『サーティワンアイスクリーム』のCMで藤田ニコルと共演すると「イケメン」と反響を呼んだ。今年は、映画『愛唄 -約束のナクヒト-』が公開されたほか、今月21日公開の『PRINCE OF LEGEND』では、虎視眈々と昇進を狙う下克上王子・鏑木元役を担う。6月スタートの舞台『ちょっと今から仕事やめてくる』では主演を務め、今後の飛躍に期待がかかる。

引用元:Real Sound

『仮面ライダービルド』(2017年~2018年)犬飼貴丈

 主人公・桐生戦兎役を演じたのは犬飼貴丈。犬飼もまた “ジュノン・ボーイ”グランプリ受賞者だが、それは西銘や飯島以前の話。すでに演技経験を重ねていただけに、“ビルド”放送開始直後から、その表現力で視聴者を驚かせた。“ビルド”終了後には『獣になれない私たち』(日本テレビ系)に出演し、天才物理学者からポンコツ新入社員に早変わり。4月からはNHK朝ドラ『なつぞら』にも出演が決定し、“仮面ライダーから朝ドラ”という王道パターンで、大ブレイクまであと一歩に迫る。

引用元:Real Sound

Sponsored Link

ライダー俳優 大渋滞まとめ

仮面ライダー俳優の存在は今や若手俳優を語る上で絶対に欠かせません。

次にその人気をブレイクさせるのは一体どの役者になるのでしょうか。

平成最後の2019年は本当に目が離せませんね。

それでは今回は、ライダー俳優の大渋滞についてお届けしました。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

関連コンテンツ001

 - TVドラマ・映画・音楽, 女優・俳優, 芸能・ニュース