破産者マップとは?見方と見れない理由も!運営者は誰でTwitterは?

   

インターネット上で破産者マップというWebサイトが公開され話題になっていました。

この破産者マップとは一体どのようなものなのでしょうか。

どうやら自己破産した人の情報がGoogleマップ上に掲載されていて名前や住所がわかるようになっているもののようです。

個人情報が簡単に見れるようになっていて、その理由からネット上では炎上しているようです。

この破産者マップの運営者は誰なのでしょうか。

そしてどういった目的で運営されているのでしょうか。

今回は、破産者マップについてスポット当ててみたいと思います。

Sponsored Link

破産者マップとは?

破産者マップはインターネット上に公開されているサイトで誰でも閲覧できるものになっています。

サイトにアクセスしてみるとGoogleマップが表示され品をクリックすると、自己破産した人の情報が確認できるようになっているようです。

Twitterでも実際に試した方がいらっしゃるようで知り合いの名前が載っていたと言う声も上がっているようです。

このサイトを閲覧した人は自分の知り合いで破産している人がわかってしまってるかもしれないという事ですね…

掲載されてる人は噂になってまうかもしれません。

Sponsored Link

破産者マップの見方と見れない理由も!

破産者マップの見方は簡単で、URLにアクセスすれば誰でも閲覧可能です。

ですが、19日現在は、

「このサイトにアクセスできません」「サーバーの IP アドレスが見つかりませんでした」

と表示され閲覧はできない状態です。

運営者「係長」を名乗るTwitterアカウントから、

「多くの方にご迷惑をかけし申し訳ございませんでした。サイトを閉鎖します。」

といった謝罪のツイートがされたようで、どうやらサイトは閉鎖状態になってるようです。

Sponsored Link

破産者マップ 運営者は誰でTwitterは?

破産者マップの運営者と思われるTwitterアカウントから、謝罪とサイト閉鎖の関する報告がされています。

ですが、運営者が誰なのかはっきりとわかる情報は見つけられませんでした。

なぜ破産者マップを作成したのかその理由についても判明していませんが、

削除申請ホームから削除依頼については対応するとTwitterの投稿に記載されています。

ですが、これが本当に運営者のツイートなのかは定かではありません。

現在のところ詳しい詳細は分かりませんが、今後どうなっていくのか注目していきたいと思います。

それでは今回は破産者マップについてお届けしました。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

関連コンテンツ001

 - お役立ち生活情報!