下松工業高校の不祥事ニュースとは?嘆願書を提出した理由はなぜ?

山口県の県立高校の下松工業高校で、クラス全員が担任の教論を懲戒免職にするよう求めて嘆願書を提出したことがわかりました。

一体何があったのでしょうか。

気になりましたのでニュースなどを調べてみました。

それでは今回は、下松工業高校の不祥事(ニュース)とは一体何なのか。

嘆願書を提出した理由についてもお届けしたいと思います。

Sponsored Link

下松工業高校で不祥事(ニュース)!?

報道によれば、山口県の県立高校の1年の男子生徒が、担任の教師からバリカンで丸刈り頭にされたり、何度も授業中にバカなどと言われたりした。

と、同調するクラスの全員が担任の教師を懲戒免職にするよう嘆願書を提出したようです。

詳細はこちら

山口県の県立高校で1年の男子生徒が、担任の教諭からバリカンで丸刈り頭にされたり、授業中に「ばか」などと何度もいわれたりしたと訴え、同調したクラスの全員が教諭を懲戒免職にするよう求めて嘆願書を提出していたことが分かりました。

山口県の県立下松工業高校に通う1年の男子生徒と父親によりますと、去年10月中旬、担任の40代の男性教諭から「髪が長い」という理由でバリカンで丸刈り頭にされ、授業中には「ばか」とか「お前は病気だ」などと何度も暴言を浴びせられたということです。
男子生徒はその後体調を崩し、12月に10日間ほど休んだということです。

教諭はほかの生徒に対しても授業や部活動などで日常的に侮辱する暴言を繰り返していたとされ、クラスの生徒40人全員と保護者39人が安心して学校に通うことができないとして、先月教諭を懲戒免職にするよう求める嘆願書を県の教育長に提出しました。

その後、学校は今月15日に教育委員会の同席のもとで説明会を開き、教諭本人がクラス全員と保護者に謝罪したということです。

下松工業高校の高橋等校長は教育委員会が詳しい経緯を聞き取り中だとしたうえで「教諭には指導を丁寧に行うよう口頭で注意した。一方で経緯については分からないところもあり、今後、教育委員会の聞き取りで明らかになると思う」と話しています。

引用元:NHK NEWS WEB

Sponsored Link

下松工業高校 嘆願書を提出した理由は?

県立下松工業高校に通う1年生の男子生徒の父親によると、昨年の10月中頃、担任の男子教師から髪が長いといった理由でバリカンで丸刈り頭にされたようです。

髪が長い理由でバリカン?!

さらに授業中には「馬鹿」とか「お前は病気」などと何度も暴言を浴びせられたそうです。

その後、男子生徒は体調崩して10日間ほど12月に学校を休んでるようです。

この教師は他にも生徒に対して日常的に侮辱する暴言を繰り返していたとみられるようです。

そこでクラス生徒40人全員と保護者39人が、安心して学校に通うことができないとして、先月この教師を懲戒免職にするよう求めて嘆願書を県の教育長に提出したようです。

Sponsored Link

下松工業高校で不祥事ニュースのまとめ

その後は、学校側教育委員会の同席の下で説明会を開いたようで、教論本人がクラス全員と保護者に謝罪したということのようです。

これは驚きのニュースでした。

皆さんはどのようにお考えでしょうか。

それでは今回は、これにて失礼します。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です