習志野 サイン盗み動画や証拠映像は?星稜林監督が激怒した理由も!【選抜高校野球】

   

2019年3月28 (木)に行われた選抜高校野球の2回戦で、サイン盗み疑惑が浮上しました。

この試合は、習志野3-1星稜習志野高校星稜高校を破ったわけですが、試合後も林和成監督小林徹監督が直接話し合う事態にも発展したようです。

いったいどのような状況だったのでしょうか。

気になりましたので調べてみました。

それでは今回は、習志野高校のサイン盗み疑惑についてスポットをあててみたいと思います。

Sponsored Link

習志野高校のサイン盗み疑惑とは? 

今回問題になっているのは、習志野高校のサイン盗み疑惑。

詳細記事はこちらになります。

習志野ナインと星稜ナイン。しびれる接戦を戦い終え、すがすがしさが残るはずの試合後の取材ルームに張りつめた空気が流れた。星稜・林監督の胸を埋めていたのは怒りと憤り。原因は「サイン盗み」だった。

「二塁走者がサインを出していた。それは(習志野の1回戦)日章学園(宮崎)戦からずっとだった。これはもうフェアじゃない。問題提起したい」

報道陣にこう話したあとに事件は起きた。林監督は、習志野の控え室に“乱入”し、敵将・小林監督に直接抗議。無視を決め込まれ、一度は引き下がったが収まらず、再び「(問題行為の)ビデオを見せましょうか」と再抗議する前代未聞の事態となった。

林監督が指摘したシーンは、習志野が初めて二塁走者を置いた四回表、1死二塁だ。4番打者の打席中に、捕手・山瀬が北田球審に相手がサイン盗みをしているのではないかと指摘した。その後、1-1となってなお2死満塁の場面で、8番打者が初球をファウルすると、今度は林監督自身が「二塁走者!」と声を張り上げ、審判団に抗議したという。

審判団はそこで協議も行い、習志野側に注意したが、林監督は「審判から注意をしてもらったが、最後までやり続けていた」と釈然としないようすだ。

七回には2死二塁、2番打者の打席で見逃しストライクが捕逸になった。これも林監督によると、「捕手のサインがのぞき込まれるから、投手からサインを出すようにしたりした」ことによるバッテリーの連係ミス。「こちらがそれ(サイン盗み)にこだわりすぎた部分がある。気持ちが浮ついた」と悔しさをにじませた。

大会規則第9項では「サイン盗み」禁止についても明記している。高野連・竹中雅彦事務局長は「抽選会前日(14日)の監督会議でもFマーク(フェアプレー、ファイト、フレンドシップの意)の意義を伝えているのでこういうことがあってはならない。もう一度徹底して伝えたい」と説明し、29日の第1試合から、先攻後攻の決定時にフェアプレー精神の徹底を改めて要請することを明かした。

引用元:サンスポ

これに対して高野連が試合後会見を行いました。

「現在のところは今後検証する可能性は現段階ではない。異議申し立ても、過去に例はない」と語っています。

Sponsored Link

星稜高校林和成監督激怒の理由は?

林監督は試合後も抑えきれず習志野の控え室に乱入し講義にする騒動が起きました。

これについてネットでは様々な物議を醸し出していますが、その声も賛否両論ですね。

問題のシーンやネットの声も!

Sponsored Link

サイン盗み動画や証拠映像はある?

林監督が「ビデオ見せましょうか?」と再抗議する前代未聞の事態となったようです。

林監督の言う証拠のビデオ映像はあるのでしょうか。

これから何か新しい情報やニュースなどで証拠映像の動画などが取り上げられるのかもしれません。

何か分かり次第追記したいと思います。

個人的にはフェアプレーに対しての熱い監督の思いがすごく伝わってきました。

あくまでもサイン盗み疑惑なので真意のほどは現状はわかりませんが、自分が選手の立場であればいい監督だなと思いました。

また勝った負けたよりも、スポーツに対するフェアプレーの精神を学べた出来事とも思いました。

皆さんはどう思われたでしょうか。

それでは今回は、習志野高校のサイン盗み疑惑についてスポット当ててみました。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

関連コンテンツ001

 - 芸能・ニュース, スポーツ

Sponsored Link