ショーケン(萩原健一)の病名(死因)は?GIST=消化管間質腫瘍とは?

      2019/03/31

昭和の名優証券ことを萩原健一さんが2019年3月26日に都内の病院でお亡くなりになられたことがわかりました。

68歳でした。

すでに27日には、葬儀は萩原健一さんの意思によって家族のみで行われたようです。告別式や偲ぶ会などは、本人の意思で行わないようです。

萩原健一さんの死因は病気によるものだったようです。

その病名は、GISTというもの。

あまり聞き慣れない病名ですが、どういった病気なのでしょうか。

それでは今回は、萩原健一さんの病名についてお届けしたいと思います。

Sponsored Link

萩原健一死去 死因は病気?なぜなくなった…悲しみの声が広がる【訃報】

2011年ごろから闘病生活を送っていた萩原健一さんですが、死因は病気によるものだったようです。

2011年から約8年間の闘病生活になりましたが、病名は明かされる事はありませんでした。

本人の希望により公表を控えていたそうです。

闘病生活をしながらでしたのでここ数年は、ドラマやバラエティーなどにも出演されてなかったようですね。

萩原健一の妻(嫁)画像!冨田リカの今現在やショーケンの子供は?

Sponsored Link

GIST=消化管間質腫瘍とはどんな病い?

萩原健一さんの病名は、

GIST(ジスト)=消化管間質腫瘍

です。

あまり聞いたことのない病名に思えますが一体どのような病気でしょうか。

GISTは、胃や腸(消化管)の壁に発生する腫瘍です。消化管の壁の筋肉の層にある、特殊な細胞(カハール介在細胞の元になる細胞)が異常に増殖し、腫瘍を形成します。消化管であればどこの臓器でも発生する可能性がありますが、胃あるいは小腸で発見されるケースが多くを占めています。

胃がんや大腸がんなどといった、いわゆる普通の消化器がんは消化管の粘膜から発生するのに対し、GISTは粘膜の下にある筋肉の層から発生するという大きな違いがあります。そのため、同じ消化管内の悪性腫瘍でも、消化器がんとGISTでは性質が異なっています。

GISTは、消化器の悪性腫瘍になります。

発生頻度は10万人に1人の病気だそうです。

GISTを患っても痛みなどの自覚症状はないようです。

定期的な検診で早期に発見することが重要のようです

Sponsored Link

ショーケン(萩原健一)のお別れ会や告別式は?

萩原健一さんのお別れ会や告別式等を後日行う予定はないようです。

昭和の名俳優の前の訃報に驚きました。

芸能界やファンたちの間で悲しみの声が広がっています。

萩原健一さんのご冥福を心よりお祈りいたします。

それでは今回は、萩原健一さんの病名についてお届けしました。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

萩原健一の妻(嫁)画像!冨田リカの今現在やショーケンの子供は?

関連コンテンツ001

 - 芸能・ニュース, 女優・俳優

Sponsored Link