桜田義孝五輪相(担当大臣)とは?プロフィールや出身大学・経歴(学歴)も!

   

2019年4月10日、桜田義孝五輪担当大臣が、辞表を提出したことがわかりました。

「復興以上に議員が大事」

と失言したことで批判を浴びていました。

今回は、桜田義孝議員についてお届けできたらと思います。

Sponsored Link

桜田五輪相(担当大臣)の読み方は?

桜田五輪相ってニュースに出てくるけど政治に興味がない方だと、一体なんて読むんだろうと思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

桜田五輪相の読み方は、

「さくらだごりんそう」

そのままですね。

要するに、2020年に行われる東京オリンピック、パラリンピック担当大臣と言う事ですね。

話し方がたまにどもってしまう時がありますが、すごく人柄の良さそうな人だと思っていました。

石巻市を「いしまきし」と言い間違ったのも、わざとではないと思いますが。。

Sponsored Link

桜田五輪相のプロフィールや出身大学(学歴)も!

次に簡単にプロフィールをお伝えします。

桜田担当大臣の名前は、

桜田義孝(さくらだよしたか)

生年月日は、1949年12月20日生まれ

出身地は、千葉県東葛西郡正連寺。

桜田議員の年齢は、現在68歳(2019年4月10日現在)の政治家。

千葉県出身の方だったんですね。

学歴も、

千葉県柏木市立田中小学校

千葉県柏西市立田中中学校

高校も、

千葉県立東葛西高等学校

と、千葉県内。

大学は、

明治大学商学部商学科

です。

Sponsored Link

桜田五輪相(担当大臣)のまとめ!失言(発言)や言い間違いも

桜田五輪相は辞任の意思を固めました。

今回は色々と桜田担当大臣についていろいろ調べてみましたが、人柄の良さそうな方でした。

これまでいろんな失言や問題発言が取り上げないられてニュースになって注目されてきました。

桜田義孝五輪担当相は10日、東京都内で開かれた自民党の高橋比奈子衆院議員(比例代表東北ブロック)のパーティーであいさつし、「(東日本大震災からの)復興以上に大事なのは高橋さん」と述べた。

引用元:Yahoo!ニュース

国会議員となるといろいろ叩かれたりして大変だと思います。

今後のご活躍を期待したいと思います。

それでは今回は、桜田義孝五輪相についてお伝えしました。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

関連コンテンツ001

 - 芸能・ニュース