ノートルダム大聖堂火災原因は?twitter動画(NHK・ライブカメラ)他

   

2019年4月15日、パリ中心部にあるノートルダム寺院で大規模な火災が発生しました。

世界遺産であるノートルダム大聖堂の尖塔が崩壊する姿は衝撃的でした。

歴史的な建造物内の貴重な芸術品なども気になります。

ノートルダム大聖堂火災はいったいどのような状況なのでしょうか。

Sponsored Link

ノートルダム大聖堂(寺院)火災発生!なぜ燃える?

フランスのパリにあるノートルダム大聖堂は大規模な火災が発生しています。

火災の時間は、現地時間で4月15日午後6時50分ごろ。

日本時間では、16日の午前1時50分ごろになります。

火事の映像!twitter動画(NHK・ライブカメラ他)の映像

ツイッターへ投稿された火災の様子が衝撃的でした。

炎上する中、何もできない状況に市民に悲しみの声が広がっています。

歴史的建造物が燃え盛った炎の中崩れ落ちていく姿。。

この動画を見る限りだと全焼してしまうのではないかと思ってしまいます。

非常に衝撃的な映像ですね。

パリ市民の方や観光客の方たちが、火災の様子を見守っている様子も報じられています。

Sponsored Link

ノートルダム大聖堂火災の出火原因やテロの可能性は?

ノートルダム大聖堂の火災は補修工事が原因ではないかと現在のところは言われています。

報道によればテロではなかったようなので、それだけが救いですが。。

ノートルダム大聖堂は木造建築になっていてそこに火がついて炎上したと思われます。

この炎により屋根を支えていた木製構造物が崩壊したようです。

大規模な火災の原因は消防当局の情報によれば修復作業が「関連している可能性」があるとのこです。

ノートル大聖堂火災予言とは?

今回のノートルダム大聖堂を予言についてTwitterで話題になっていました。

Sponsored Link

ノートルダム大聖堂内部の芸術作品(絵画等)は無事?

ノートルダム大聖堂の中には、貴重な芸術作品が数々置かれていると思います。

内部の様子はどのような状況なのでしょうか。

美術品は無事なのでしょうか。

こちらの報道によればノートルダム大聖堂内の美術品は救出済みとのこと。

歴史的な芸術品がたくさんあったと思うのでこの報道が正しければ安心です。

正式な発表を今のところは待つしかありません。

何か新しい情報が分かり次第追記していきたいと思います。

それでは今回は、ノートルダム大聖堂の火災についてお伝えしました。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

関連コンテンツ001

 - 芸能・ニュース