ミニバン オラオラ顔 人気理由は?ギラギラ系フロントマスクの画像他

   

今、日本の車のミニバン型で、フロントデザインがど派手なオラオラ顔が流行っています。

なぜ人気を収めているのでしょうか。

オラオラ顔ってどういう車なのかも気になりますね。

ということで調べてみました!

それでは今回は、ミニバンのオラオラ顔が人気の理由についてスポットを当ててみたいと思います。

Sponsored Link

ミニバン オラオラ顔 人気理由は?

ミニバンといえばどちらかと言うと丸いイメージでしたが、近年はオラオラ顔が人気のようです。

例えば健康のトヨタアルファードやヴェルファイア。

なぜミニバンはオラオラ顔が人気なのでしょうか。

詳細記事はこちら

現行のトヨタアルファード」、「ヴェルファイア」以降、とくにミニバン系では威圧的なフロントデザインといえるオラオラ顔が流行っています。

その特徴は、大きなフロントグリルと釣り目基調のヘッドライトで、威圧感のあるデザインです。なぜ、迫力のあるフロントデザインは人気なのでしょうか。

以前から筆者(内田俊一)は、この点については気になっており、折に触れてカーデザイナーたちに聞いていました。そこで出てきたのは、「日本人は新しい物好きと」という「隣の家のクルマとは少しでも違うものがいい」、「どうせ買い替えるなら今までとは同じものは嫌」だという考えです。

もうひとつは、日本独自の重要な要因として、軽自動車や5ナンバーに関するボディサイズの規格が挙げられます。3ナンバーである「アルファード/ヴェルファイア」ではあてはまりませんが、「ノア/ヴォクシー」はここに属します。

この市場でクルマを開発する際には、規格いっぱいの大きさでクルマを作ることになります。なぜなら室内を広く取りたいからです。その結果、ボディサイドデザインの余裕は限りなく減っていき、面の抑揚などで特徴をつけるのが難しくなっていくのです。

リア周りも同様で、荷室を確保するためにはできるだけ垂直にテールゲートを作らなければなりません。そうするとサイドやリアでその特徴を出すのが難しくなります。従って、フロントでいかに特徴を出すかが重要になってきます。

あるカーデザイナーは、「“人形は顔が命”というでしょう。第一印象を決めるのは顔となり、その顔にそれぞれの会社のコンセプトを打ち出していくことがスタート地点なのです」と語りました。

これらの2つがフロントフェイスに特徴を持たせたことの要因だといっていいでしょう。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190424-00010002-kurumans-bus_all&p=1

Sponsored Link

ミニバン ギラギラ系フロントマスクの画像他

ギラギラ系のフロントフェイスが人気を博しているミニバン市場。

ミニバンのオラオラ顔の画像を集めてみました。

いかがですか。

かなりオラオラ顔ですよね(笑)

好みの問題もありそうですが、最近は確かに対向車線の車を見てみるとオラオラ顔のミニバンが目立つような気がします。

Sponsored Link

ミニバン オラオラ顔 人気理由まとめ

ミニバンと言えば、エスティマのようなシンプルなデザインが定番だったように思います。

最近ですと、仕事でのミニバンとプライベートでのミニバンを差別するためにオラオラ顔を選ぶケースもあるようですね。

なるほど〜、なんとなく人気の理由もわかってきました。

皆さんはどちらが好みですか。

では今回は、ミニバンのオラオラ顔の人気の理由についてお届けしました。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

関連コンテンツ001

 - トレンド, 芸能・ニュース