高橋尚子 追悼コメント全文!Qちゃん&小出監督のツーショット画像

   

2019年4月29日、陸上女子マラソンの小出監督がお亡くなりになりました。

80歳でした。

愛弟子の高橋尚子選手が追伸コメントを発表してくれました。

2人は本当に父と娘のような関係に周囲には写って見えましたね。

それでは今回は、高橋尚子選手の追悼コメントについてお伝えしたいと思います。

Sponsored Link

高橋尚子 追悼コメント

小出義雄監督は平成の名監督と言われるほど素晴らしい監督ですよね。

高橋尚子選手が無名の選手だった時代から金メダリストまで育てあげました。

小出さんは無名の選手だった岐阜出身の高橋尚子さんを育てあげた名監督。女子マラソンで東海地方と深いつながりがありました。

小出さん:
「僕の口から言っちゃっていいのかな~」

これは3月8日、名古屋市内で撮影された小出義雄さんの映像の様子。

上下ジャージ姿でとても元気な様子でしたが、この47日後の24日、小出さんは帰らぬ人となりました…。

「どうしても小出さんのもとで走りたい」と弟子入りを希望した高橋尚子さんを1995年から指導。無名ランナーだった高橋さんの才能にほれ込み、2人3脚で歩んできました。

そして、2000年のシドニー五輪で高橋さんを日本女子陸上界初の金メダルに導きました。

シドニー五輪の際、小出さんは高橋さんにこんな手紙を書いていました。

<小出さんから高橋さんへの手紙>
「ここまで本当によく頑張ってきた。お前もかけっこが大好きで俺も大好き。きっと陸上の神様もご褒美をくれる。小出の力は全部お前にあげる。俺の命はお前にあげる。そういう気持ちで俺はここまできたんだから、お前は勝てる」

強い絆で結ばれていた2人。

しかし2005年、高橋選手は小出さんとの「決別」を宣言。そんな時でも小出さんは教え子の背中を優しく押しました。

小出さん:
「早く自立させなきゃいかんなって…早く自分の行く道にさせてあげるのもちょっと酷なようだけど」

その後もずっと、高橋さんのことを気にかけていました。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190424-00022006-tokaiv-spo

追悼コメント全文

五輪でメダルがとれたのも世界記録を出せたのも、今の自分があるのも小出監督のおかげです。弱い私を根気よく指導して下さって、一緒に走って下さって、自信をつけさせて下さって、監督の大切な時間を費やして下さって、五輪でメダルをとらせて下さって、ありがとうございます、と何度言っても伝えきれないほど感謝の気持ちでいっぱいです。たくさんのことを教わりました。監督の笑顔をもっと見たかったし、お話ももっと聞きたかったです。これからは大好きなお酒をたくさん飲んで、思いっきりかけっこして下さい。

Sponsored Link

高橋尚子 Qちゃん&小出監督のツーショット画像

特に印象が残っていたのは、高橋尚子選手が金メダルを取った時の小出監督の表情ですね。

この2人のツーショット写真は本当に素敵だと思います。

小出義雄監督の妻(嫁)や子供(娘)や家族は?今現在は病気で入院?

Sponsored Link

高橋尚子 追悼コメントまとめ

高橋尚子選手や有森裕子選手を育てた小出監督。

これまで素晴らしい名言も数々残してくれました。

ご冥福を心よりお祈りいたします。

高橋尚子選手の追悼コメントについてお届けしました。

それでは今回はこれにて失礼したいと思います。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

有森裕子 心境吐露の会見動画に涙…愛弟子のコメント他

関連コンテンツ001

 - スポーツ