タクシー事前確定運賃とは?導入理由と配車アプリのメリットを検証!

タクシーの事前確定運賃サービスが、2019年10月1日から開始されることが発表されました。

国土交通省がタクシーの事前確定運賃の実証実験の結果を踏まえて本格運用ルールを策定したことを発表。

2019年10月1日からは消費税増税等やいろいろなことが変わりますね。

早めにタクシー事前確定運賃についても理解しておきたいものです。

この記事では、

  • タクシー事前確定運賃とは何なのか?
  • タクシー事前確定運賃の導入理由
  • タクシー配車アプリのメリット

これらについて一つずつ解説していきます。

Sponsored Link

タクシー事前確定運賃とは?システムや仕組みを解説

タクシー事前確定運賃とは、タクシー配車アプリを使って事前に目的地までの料金がわかるサービスのことです。

これによって、スマートフォンを使って乗車地点から目的地までを事前に入力し、タクシーの運賃・料金がわかった上でタクシーを利用することができるようになります。

これまでタクシーは、目的地に到着しないと料金がわからないシステムだったので、利用者にとってはうれしいサービスになりそうです。

スマートフォンでアプリに目的地を入力すると走行距離所要時間が確認できます。

仮に渋滞が発生しても事前に運賃が確定しているので、料金は変わらない仕組みになっています。

これはすごい!!

実は2019年には実証実験が行われていて、そのアンケートでは事前に料金が決まっているので安心だという声が多く、実におよそ7割の人がまた利用したいと答えているようです。

このことから、国土交通省が実証実験結果を踏まえてタクシー事前確定運賃の本格運用ルールを見直し全国で解禁する流れになまたようです。

タクシー事前確定運賃は2019年10月1日より全国のタクシーで解禁されます。

Sponsored Link

タクシー事前確定運賃導入の理由

タクシー事前確定運賃サービスはなぜ導入されることになったんでしょう。

その背景や目的、狙いについて調べていきたいと思います。

まずは、タクシー事前確定運賃の導入の理由についてですが、テレビ朝日系の朝のニュース番組「グッドモーニング」のコーナー、池上彰のニュース検定でも取り上げられていました。

タクシー事前確定運賃導入の理由は産経新聞によると、

タクシーに乗って想定以上の運賃になるのを防ぎ、事前に運賃がわかることの安心感で、タクシーの利用が拡大するようにする。在日外国人観光客の利用促進にもつなげる。

導入理由

  • 想定以上の運賃になるのを防ぐ
  • 事前に道がわかることで安心感を与える
  • タクシーの利用者を拡大する
  • 在日外国人観光客の利用者の利用促進

これらが導入理由のようです。

この導入理由の背景には、2017年度の調べでタクシーの利用客が年々減っていることに歯止めをかけるための目的もあります。

そして、来年2020年には東京オリンピックがあります。その時に安心して外国人観光客にもタクシーを安心して利用しているもらいたいといった狙いがあるようです。

Sponsored Link

タクシー事前確定運賃とタクシー配車アプリのメリットを検証!

今後、2019年10月1日より始まるタクシー事前確定運賃サービス。

タクシー配車アプリを使うメリットについて考えてみましょう。

まずは国土交通省が発表したタクシー事前確定運賃の本運用ルールの概要がこちらです。

【本格運用ルールの概要】

・配車アプリ等において、旅客が入力した乗車地点と降車地点との間の推計走行距離を基に
算定した運賃に、地方運輸局が定める係数を乗じて算定する。

・上記の係数は、直近年度の輸送実績をもとに、曜日、時間帯(1時間ごと)ごとに定める。
また、毎年見直しを行う。

・配車アプリ等により、旅客に対して走行予定ルートを示し、タクシーの運転者は、原則、旅客
に示した走行予定ルートどおりに運送を行う。

・事前に旅客と事業者との間で合意し、確定した運賃を支払う。事前に旅客と事業者との間で合意し、確定した運賃を支払う。

(実施イメージ)

月曜日の15:15に東京駅から東京スカイツリーまで事前確定運賃でタクシーに乗車する場合

出典元:国土交通省HP

出典元:国土交通省HP

タクシーの利用者にとっては事前に料金が分かるので、タクシーを利用しやすいといったメリットがあります。

また、事前に料金が確定するので仮に渋滞にはまったとしても料金が一緒というのがいいですね。

さらにはアプリを使うことによってタクシーを利用したい場所まで呼ぶことができると思います。

これまでは道で手を挙げて待つか、タクシー会社に電話して呼ぶしかなかったのがアプリで簡単にタクシーを呼ぶことができればすごく便利ですよね。

タクシー事前確定運賃のメリットとデメリット

  • 事前に目的地までの運賃がわかる
  • 渋滞が発生しても料金が変わらない
  • アプリを使ってタクシーを呼ぶことができる

メリットはこういったところでしょうか。

逆にデメリットとしては、タクシー配車アプリを使わないと利用できないというところでしょうか。

つまりスマートフォン、もしくは何らかのデバイスを持っていないと利用できないということになりそうです。

利用者の方以外にも、タクシードライバー側にもメリットはありそうです。

まず単純にタクシー利用者が増加すること見込まれますので、新しい顧客が増える可能性が高いことがいえるでしょう。

タクシードライバーもこれまでは乗客を獲得するにはいわゆる流し営業と呼ばれるタクシーを運転しながら乗客を探す方法でした。

この場合だとやはりタクシードライバーの経験が必要になってきます。

ですが、タクシー配車アプリが普及すれば、タクシードライバー経験がなくても配車アプリ経由で乗客を獲得することができるようになりますね。

実際に海外では日本よりも配車アプリの普及が進んでいる国も多いようです。

もちろん、すでに料金が決まっているところから渋滞が発生した場合時間がかかってしまうためデメリットもありそうです。

様々な課題はありそうですが、利用者にもタクシードライバーにもタクシー事前確定運賃サービスはメリットがありそうです。

まとめ

タクシー事前確定運賃についてまとめると、

タクシー事前確定運賃とは、タクシー配車アプリを使って事前に目的地までの料金がわかるサービス。

導入時期は、2019年10月1日。

タクシー事前確定運賃の導入理由は、

  • 想定以上の運賃になるのを防ぐ
  • 事前に道がわかることで安心感を与える
  • タクシーの利用者を拡大する
  • 在日外国人観光客の利用者の利用促進

タクシー事前確定運賃とタクシー配車アプリのメリットは、

  • 事前に目的地までの運賃がわかる
  • 渋滞が発生しても料金が変わらない
  • アプリを使ってタクシーを呼ぶことができる

また、タクシードライバーにも乗客の増加や配車アプリで獲得できるメリットもある。

といったところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です