東京オリンピック交通規制テストの時間帯と期間はいつからいつまで?

2019年7月24日、東京オリンピックまでいよいよ1年となりました。

2020年の夏!ここ日本の東京で行われる4年に一度の世界的な一大イベント。

世界中をあげての盛り上がりが想定されまが、大会期間中はやっぱり交通渋滞や混雑もまた大いに予想されますよね。

そんな中、東京オリンピックの大会組織委員会では来年の東京オリンピックを見据えて大規模な交通対策テストが東京首都近郊で行われます。

東京五倫2020の交通対策「交通マネジメント」の予行練習ですね!

この交通規制試行はどれぐらいの期間(時間)行われるのでしょうか。

この記事では、

  • 東京オリンピック交通規制テストの時間帯
  • 期間はいつからいつまで?

これらについてまとめてみました。

交通規制テスト期間中に都内を移動される方たちの参考にしていただければと思います。

Sponsored Link

東京オリンピックの交通規制テストとは?

東京オリンピック交通規制テストとは、2020年の東京五輪に向けて首都高速道路や都内の一部の幹線道路などで、大規模な交通規制の試行テストを行うものです。

目的

  • 大会期間中に予想される混雑の暖和
  • 本番を想定した交通網の調整や交通量の削減

規制対象

  • 首都高速
  • 都心に向かう周辺の高速道路
  • 一般道路の環状7号線

規制内容

  • 入り口の封鎖
  • 料金所のレーン数の制限(11の料金所で終日)
  • 青信号の表示時間の短縮

その他49箇所
混雑状況に応じては渋滞を談話するために効果的と判断した入り口のみを閉鎖。

※交通量が増えれば占める数を増やし渋滞が暖和されれば解除

Sponsored Link

東京オリンピック交通規制テストの期間と時間帯

東京オリンピック交通規制テストの期間についてまとめてみました。

規制テストとはいえ混雑が予想されますので、あらかじめ日時と時間帯を把握の上移動されるとスムーズだと思います。

交通規制テストの日程

724日と26

※2日間のテスト結果をもとに823にも実施するかを判断する予定

時間帯と場所

東京オリンピック会場と選手村等がある高速道路(首都高)の新都心(上り)外苑(上り・下り)春海(下り)の入り口終日閉鎖。

24日の午前0時から25日の午前0時まで。

開会式を想定した交通規制

825には、開会式を想定した交通テストも行われる予定です。

※予行練習でバス20~30台の走行を予定。

Sponsored Link

東京オリンピック交通規制テストまとめ

2020年に行われる東京オリンピックに向けて行われる交通規制テスト。

この記事では東京オリンピックの交通規制テストの期間と時間帯についてまとめてきました。

大会期間中は混雑が予想されますが、この交通規制テストでスムーズに移動できるようになると嬉しいですね。

また、今回の交通規制テストは道路規制になるので、鉄道機関は行われません。

交通規制テストの期間と時間帯について最後におさらいをすると、

  • 2019724() 26()終日
  • 予備日823()

となります。

この期間中は、東京首都圏を移動する場合は十分にご注意くださいね。

それでは今回は以上です!最後までお読みいただきましてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です