台風6号2019関東への影響は?東京上陸のピーク時間は何時頃?【進路予想図・動画他】

      2019/07/27

2019年7月26日(金)、台風6号(卵)が発生しています。

台風6号の名前は「ナーリー」といいます!

7月26日(金) 5時現在は、熱帯低気圧に入りました。今後近畿地方に接近し関東にも影響が及びそうです。

この週末東京に遊びに行くという方もいらっしゃると思います。「隅田川花火大会」や大規模なイベントも各地で予定されてます。

関東にはどれぐらい影響があるものなのでしょうか、また東京には直撃するのでしょうか?

東京に直撃する時間帯なども気になります。

この記事では、

  • 台風6号(2019年)の進路予想
  • 関東への影響は?
  • 東京上陸のピーク時間は何時?

これらについてまとめていきますね。

Sponsored Link

台風6号の卵発生!2019年の進路予想図

出典:ウェザーニュース

名前:台風6号「ナーリー」

台風6号「ナーリー」進路予想

日本の南の海上に熱帯低気圧があります。これからだんだんと北上する予定。父島の南西海上を北東へゆっくり移動し熱帯低気圧に発達その後近畿地方から関東へ中。この熱帯低気圧は台風となります。

今週末は、東京では「第42回隅田川花火大会」が予定されています。台風の影響がどれぐらいなものか、非常にお天気が心配されます。

Sponsored Link

台風6号(2019)の関東への影響は?

出典:ウェザーニュース

台風6号の関東への影響がありそうです。

26日(金)現在では台風の卵と呼ばれる熱帯低気圧となっており今後24時間以内に「台風6号」に発達する見込みになっています。

台風に発達した後は進路を東よりに変えて、早いところでは26日(金曜日)の夕方から雨が強まり降り出す予定。

このまま進路に進むと関東煮直撃するのは、

27日(土)から28日(日)

にかけて雨の勢いが強まる予報ですので注意が必要です。

Sponsored Link

台風6号(2019)東京上陸の時間はいつ何時頃?

「台風6号」はこの週末東京に上陸する可能性が非常に高く、日本の近くで台風が発達しているので、日本に接近してくる時間は短いようです。

東京上陸の時間帯の予想は、

27日(土曜)と28日(日曜)は、台風が関東甲信に接近する恐れがあります。

予想される雨は、関東甲信地方では100mmから150mm。

東京では早くて、27日には上陸しそうです。

出典:ウェザーニュース

【東京ピーク時間】

  • 27日 6時から12時の間
  • 28日 0時から6時の間

観光や海へのレジャー等にいかれる場合は、強風や高波大雨などには注意しましょう。

それでは今回は以上です。最後までお読みいただきましてありがとうございました。

関連コンテンツ001

 - お役立ち生活情報!

Sponsored Link