宝くじ高額当せん者 実態を調査!宝くじ長者白書の験担ぎとは?

   

2019年8月1日、みずほ銀行が「2018年度宝くじ長者白書」で実態調査した際に、宝くじの高額当選者は購入する際に8割が験担ぎをしていることを発表しました。

験担ぎ(げんかつぎ)

とは??

高額当選者の8割は何をやってるのでしょうか。

この記事では、

  • 宝くじ高額当せん者の実態
  • 宝くじ長者白書の験担ぎとは?

これらについてまとめていきます。

Sponsored Link

宝くじ高額当せん者の実態を調査!

みずほ銀行が8月1日までに発表した「2018年度宝くじ長者白書」

こちらの記事になります。

宝くじの高額当せん者は、購入する際に8割が験担ぎをしていた―。みずほ銀行が1日までに発表した「2018年度宝くじ長者白書」で、こんな実態が明らかになった。担当者は「良い事があった時に買うとさらなる幸運を招くのでは」と話している。

1千万円以上の高額当せん者を対象に、当せん金を受け取る際にアンケートを実施し、996人が回答。約8割が験担ぎをしていた。複数回答の具体例として、「良い事があった時に購入」が15%と最多で、「お参りに行く」が9%、「トイレや部屋の掃除」が6%と独自の験担ぎが並んだ。

なんと8割の高額当選者が験担ぎを行ってるんだとか。

宝くじの高額当選にはそんな実態が隠されていたんですね!!

Sponsored Link

宝くじ高額当せん者の声 宝くじ長者白書の験担ぎとは?

10,000以上の高額当選者を対象に実施したアンケート。

宝くじ高額当選者は8割がなんと験担ぎ。

  • 良いことがあったときに購入した
  • お参りに行く
  • トイレや部屋の掃除

要するに購入する前に良いことをしようと言うことなのでしょう。

もしくはお参りなどの神頼み。

実際に宝くじの高額当選者がこういった行いを行っていたことには驚きですね。

やっぱり神様は見ているのでしょうかね。

Sponsored Link

宝くじ高額当せん者の実態まとめ!

やはり宝くじ高額当選者には訳があったんですね。

何かしら購入前に験担ぎをていることがわかりました。

験担ぎの手段としてどういったものがいいかははっきりとはわかりませんが、何か良いことがあったときに購入したり、購入前にはお参りに行ったり、日ごろの行いとしてトイレや部屋の掃除を行ったり独自の験担ぎをすると良いみたいです。

物理的な問題ではなく気持ちの問題なのでしょうか。

見習って宝くじの購入前には験担ぎをしてみたいものです。

みなさんも宝くじの購入前は、験担ぎをしてみてはいかがですか。

それでは今回は以上です。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

関連コンテンツ001

 - 試して欲しい面白ネタetc..

Sponsored Link