ロンブー淳 心境告白を調査!田村亮は未交渉で宮迫博之は交渉中か?

   

ロンドンブーツ1号2号の田村淳さんが、相方の闇営業をめぐる一連の騒動について心境を告白してくれました。

この日は自身が設立したマネージメント会社

「株式会社がちキャラ」

の設立会見。

そんな中、吉本興業の経年による闇営業問題について心境をコメントしてくれました。

この記事では、

  • ロンブー淳 心境告白を調査!
  • 田村亮は未交渉で宮迫博之は交渉中か?

これらについてまとめていきたいと思います。

Sponsored Link

ロンブー淳 心境告白を調査!

雨上がり決死隊の宮迫博之さんとロンドンブーツ1号2号の田村亮さんの会見以降この場に初めて登場し複雑な心境を告白してくれました。

こちらがその記事です。

 7月20日の亮の会見以降、公の場に登場するのは初。自身の立場について「僕は吉本興業に育ててもらったので、吉本興業にはいたいですけど、亮さんがどうなるか分からない。ロンドンブーツも守りたい、でも吉本興業にもいたい。僕のなかでも岐路に立たされている」と複雑な心境を吐露した。

一連の騒動は収束しておらず、7月20日に亮が行った会見以降、亮と吉本興業との間で交渉も実現していないという。「亮も答えていいか悩んでいる。個人的な意見では『交渉の場にはいきなさい、そうじゃないと前に進まないから』と。でもあいつの中にはそこにいけない、心の問題なのか。そこはせかすようなことしないで見守りたい」とした。

亮は20日に行った会見で、自ら契約解除を希望したが「僕としては戻ってきてもらいたいですからね」と淳。吉本興業への恩義も示し、「吉本興業じゃなかったら世の中には出てこられていない。亮とどうするか迷っている」と、揺れる思いを口にした。

引用:デイリースポーツ

Sponsored Link

田村亮はまだで宮迫博之は交渉か?

田村淳さんの心境としては、吉本興業に育ててもらったと言う気持ちがある。

吉本興業には僕は居たけど、亮さんがどうなるかわからない。

ロンドンブーツを守りたい。でも吉本興業にも痛い。

田村淳さんにとっても究極の選択に迫られているようですね。

雨上がり決死隊の宮迫さんは吉本興業との交渉を始められてるようですが、

田村亮さんは吉本興業のミーティングに参加するかで答えに悩んでいるようです。

田村淳さんは「交渉の場には行きなさい。そうじゃないと前に進まない」

でもまだ田村亮さんにはその気持ちがないためそれを急かすような事はしていないそうなんですよね。

田村淳さんの優しさが垣間見れた会見となりました。

そして田村淳さんがおっしゃってたコメントで1番印象的だったのが、

「ファミリーならファミリーらしくしてほしい」

これはもっともですね。

田村淳さん自身はどちらかと言えば会社とはドライな関係派。

それでもファミリーと言うのならファミリーらしくして欲しいと言うのはよくわかります。

1つ期待の表れなのだと思いますね。

Sponsored Link

ロンブー淳 心境のまとめ

今回のロンドンブーツ1号2号の田村淳さんのコメントから、田村淳さんの優しさを感じつつもまだ進展は無いことがわかりました。

ぜひ田村淳さんのおっしゃる通り交渉の場にはしっかりと出席してもらい何らかの決断を待ちたいと思います。

いったい今後この問題はどの方ような方向になっていくのでしょうか。

しっかりと見守りたいと思います。何とか笑って円満に追われると良いのですが。

それでは今回は以上です。最後までお読みいただきましてありがとうございました。

関連コンテンツ001

 - お笑い芸人

Sponsored Link