甲子園 順延の場合チケットや日程は?台風10号の影響で再試合・高校野球スケジュールまとめ

   

甲子園 順延の場合チケットや日程は?台風10号の影響で再試合・高校野球スケジュールまとめ

2019年8月14日、15日に行われる夏の高校野球選手権大会が台風10号の接近の影響で全試合中止し16日に順延することがわかりました。

やはり台風の影響を懸念してのことのようです。また山陽新幹線も台風の影響で15日は運転停止となっています。

さて気になる甲子園。

順延の場合はチケットはどうなるのでしょうか。

この記事では、

  • 甲子園 順延の場合チケットはどうなる?
  • 台風の影響で再試合の日程は!

これについてまとめていきます。

Sponsored Link

甲子園順延の場合チケットはどうなる?払い戻しや前売り通し券も

【速報】15日の夏の高校野球(甲子園)は全試合中止し16日に順延 台風10号の接近で

8月14日、午前10時半ごろ速報で15日の夏の甲子園の前試合中止が発表となりました。

また、16日に順延することもわかりました。

明日、8月15日(木曜)の試合について

今回の発表では、悪天候が予想されるため、試合は中止とし、明後日に順延いたします。

前売りの連携をお持ちのお客様は、明後日は大会第10日の入場券をご使用下さい。

と、バックスクリーンに情報が流れましたので、15日のチケットお持ちの方は翌日の16日に利用可能のようです。

基本的に試合が雨などで中止になった時は、翌日に延期となるためチケットもそのまま使用可能です。

もし払い戻ししたい場合は、中止の当日のみに甲子園球場の窓口にて払い戻しを行っています。

前売り通し券の払い戻しについては払い戻しはできませんが翌日以降そのまま利用できます。

もし、チケットの払い戻しがあった場合は再発売される可能性もありますのでそちらは試合中止決定後購入希望の方はお早めに。

Sponsored Link

甲子園 順延の場合 台風の影響で再試合の日程は!

台風10号の影響で15日に行われる全試合は16日に延期となりました。

この影響で、最終の日程についてもズレが生じます。

基本的には、16日以降の全日程が1日ずつ繰り下げられることになります。

準々決勝は18日、翌日の19日は休養日となります。

そして、準決勝は20日。

そして今大会から準決勝後にも休業日が設けられているため21日は休養日となります。

夏の甲子園の決勝は、22日に行われる予定です。

Sponsored Link

甲子園 順延の場合チケットはどうなる?台風の影響で再試合の日程は!高校野球スケジュールまとめ

甲子園が台風の影響で順延となり試合日程が変わりましたので最後にまとめておきます。

  • 16日 15日の全試合の順延
  • 18日 準々決勝
  • 19日 休養日
  • 20日 準決勝
  • 21日 休養日
  • 22日 決勝戦

今後の台風の動向次第ではまた日程が変わる恐れもありますので充分注意してくださいね。

それでは今回は以上です。最後までお読みいただきましてありがとうございました。

【全国高校野球】速報ライブ動画はコレ!生中継ネット配信を紹介

関連コンテンツ001

 - スポーツ

Sponsored Link