【中秋の名月】2019年は満月?お月見の天気・方角・ピーク時間も!

   

2019年9月13日は、中秋の名月です。ちょうど涼しくなってきたしお月見をしたいなーと思ってる方も多いはず。

団子でも食べながら、秋の夜風に浸りまん丸い満月が見れたら最高ですよね〜

お月見日和になる所の場所なども気になりますよね。

お月見をするのに1番見やすい方角や時間なども気になります。

今回の記事では、中秋の名月の2019年の満月の日や、お月見の天気予報、方角、時間帯についてまとめていきます。

Sponsored Link

【中秋の名月】2019年9月13日は満月?

中秋の名月と言えばやっぱり満月でしょう。でも中秋の名月だからといって必ず満月になるわけではないんです。

今年2019年の中秋の名月は、残念ながら満月ではありません。

2019年の9月13日の中秋の名月は、翌日の9月14日が満月となっており今年は中秋の名月の満月の日付が1日ずれています。

ちなみに、満月を迎える中秋の名月は2021年6月21日。

とは言え、翌日が満月ですのでほぼほぼ満月に近いまん丸いお月様が見れそうです。

どんな中秋の名月になるのか非常に楽しみですね。

Sponsored Link

【中秋の名月】お月見の天気・方角・ピーク時間も!

中秋の名月はやっぱりお月見がしたいですよね。

そうすると気になってくれたのが9月13日の天気です。

中秋の名月日和になる地域はどこなのでしょうか。

はっきり中秋の名月が見えそうなところは、「近畿北部」「北陸」「東北の日本海側」

そして「北海道」が挙げられます。

どうやら東日本、西日本の太平洋側は、雲がかかりやすい状態。

とはいうものの、お月見のチャンスはありそうですよ。

お月見が難しい天気になりそうなところは、中部から関東で難しい空模様になっています。

お月見2019の方角やピーク時間は?

まず月の出る時刻ですが、北海道では17時47分ごろ。

沖縄では、18時20分ごろと40分ぐらい日本では誤差があります。

全国的に見頃の時間帯は、18時から21時ごろまで月が上がっていくところが見れるでしょう。ピーク時間帯は21時から12時ぐらいまで。

夜の12時を過ぎたあたりには1番高い位置に着月が来て明け方には西の方角に消えていくでしょう。

Sponsored Link

【中秋の名月】2019年は満月?お月見の天気・方角・ピーク時間も!まとめ

今回は、「中秋の名月」2019年の満月の状況やお月見の天気と方角そしてピークの時間帯についてまとめてみました。

お月見と言えば月にウサギが餅つきをしているような映画書いてあることから神秘的なイメージがあります。さらには収穫の時期をお祝いするような習慣もあると思います。

田舎の方であれば稲穂が金色に染まり揺れる中、秋の夜風に浸りながらお団子何か食べたら風情があってすごくいいですよね。

お供え物の準備も必要ですよね!

2019年中秋の名月についてまとめてきた事を最後にもう一度お伝えしますと、

2019年の中秋の名月=満月では無い

お月見の天気=「近畿北部」「北陸」「東北の日本海側」「北海道」が良好

方角とピーク時間=東の方角・21時〜24時

これらに当てはまる地域にお住まいの方で、18時以降であれば東の方角を眺めれば、中秋の名月を楽しむことができそうです。

ぜひ中秋の名月を皆さんでお楽しみ下さい。

それでは今回はこの辺で。

関連コンテンツ001

 - お役立ち生活情報!

Sponsored Link