【台風19号】JR計画運休はいつ発表?新幹線/東海/東急各電車の予定(2019年)

台風19号(ハギビス)がこの3連休に日本列島に直撃する恐れがあり、JR東日本、は計画運休の実施を検討しています。

9月に大きな被害を及ぼした台風15号よりも大きな勢力を持った今年最大級の台風になるのではないかと予想されます。

台風15号のときの計画運休が実施され首都圏を中心に交通電鉄では運行の見合わせがありました。

台風19号でも計画運休予定があることから発表がいつになるのか気になります。

今回の記事では台風19号の計画運休について見ていきましょう!

Sponsored Link

【台風19号】JR東日本の計画運休はある?

台風19号は10月12日(土括弧閉じから13日(日)にかけて関東を直撃する可能性が高まっています。

10月10日現在猛烈な勢いで勢力を示したままその基準法や関東地方に向かって接近しています。台風19号は暴風域が大きく広範囲で雨や風による影響を及ぼす可能性があります。

このことから計画運休が実施されると思われます。

特に3連休にあたるためあらかじめ計画運休するのか確認しておきたいところです。

JR東日本の計画運休はいつ発表?

計画運休はあらかじめ事前に電車を運休するか告知するものになっています。台風15号の時は関東首都圏を中心に計画運休が実施されました。

今回の台風19号も関東に直撃すると予想されるため計画運休が実施される可能性が非常に高いです。

10月9日、計画運休を実施することを検討していると、JR東日本、小田急、東武電鉄などが発表しました。

計画運休の発表時期:前日まで

計画の丘を実施するときは前日までに公表したいとしています。

 

前日までと言う事は、関東地方に台風上陸すると予想される12日(土)の前日。つまり11日(金)には発表されるのではないかと見込まれます。

東京・関東のピーク時間はこちらの記事でまとめています。

台風19号東京(関東)ピーク時間はいつ?土曜と日曜どっちが荒れる?

Sponsored Link

【台風19号】計画運休はいつからいつまで?

もし、計画運休が実行されるのであればいつから実施されるのでしょうか。

やはり今後の台風の進路が大きく影響を及ぼしそうです。

10月10日現在では、台風19号関東上陸後のピーク時間は、10月12日(土)の18時ごろと予想されています。

このことから、台風19号による計画運休が実施される場合の予想を立てると、12日(土)の18時ごろから計画的に運休をするのではないかと予想されます。

その後、13日(日)の午前中までが関東のピーク時間となっているため、少なくとも13日(日)の午前中までは計画運休になるのではないかと思われます。

計画運休の予想期間:10月12日(土)の午後から10月13日(日)の午前中

ただし今後の台風の進路や上陸後のピーク時間によっては大きく変更する可能性もあると思われるので最新の情報を確認する必要がありそうです。

JR東日本・新幹線の運休情報

公式ホームページ(運行状況:関東)

東海の運休情報

JR東海ホームページ

東急の運休情報

東急電鉄のホームページ(お知らせ)

京急の運休情報

京浜急行ホームページ

Sponsored Link

まとめ

今回は台風19号の計画運営について見てきました。

計画運休の発表は前日までには公表したいとされています。

また計画運休の期間は、台風の進路や上陸時間にもよりますが10月10日(木)現在では、12日(土)に関東に上陸すると予想されることからその前日である11日(金)には発表されるのではないかと見込まれます。

今後も最新の台風情報の確認が必要です。この3連休にお出かけされる方は充分に注意してください。

それでは今回はこの辺で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です