新型フィット 発売遅れの理由が判明!購入できるのはいつになる?

ホンダの人気モデル新型「フィット4」が発売延期になるという報道されました。

「フィット」と言えばホンダの看板車種

10月中にでも発売をする予定であったもののなぜこのタイミングで発売延期となってしまったのでしょうか。

今回は、ホンダの新型「フィット4」の発売延期報道について見ていきましょう!

Sponsored Link

新型フィット 発売遅れの理由が判明!

 

ホンダの人気車種である「フィット4」の新型モデルが10月に発売される予定でしたが、延期となりました。

延期時期は1月

このタイミングでなぜ2ヶ月以上も先の発売延期に変更になったんでしょうか。

その原因は、不具合が見つかったためとしています。

電子制御のパーキングブレーキに品質確認の必要が生じたためようです。

「安全第一」といえば、不具合が見つかったクルマを売り出すわけにはいかないが、ホンダが今年11月にも発売を計画していた看板車種『フィット』の新型モデルの発売をしばらく延期するという。

きょうの日経なども報じているが、電子制御のパーキングブレーキに関する品質確認の必要が生じたためだそうだ。すでに、同様の部品を使用している軽自動車『N-WGN』は、8月に新型モデルを発売したばかりだが、わずか2か月足らずで生産を一時停止。電動パーキングブレーキに不具合の可能性を示す警告灯が、異常点滅する事象が見つかったからだという。

Sponsored Link

発売延期の理由は?購入できるのはいつになる?

新型「フィット4」は10月にでも発売予定だったものが1月に発売変更となりました。

電動パーキングブレーキに不具合の可能性があったという理由で発売延期となった新型「フィット4」ですが、実は8月にホンダの軽自動車「N-WGN」が発売したその後2ヶ月足らずで生産を一時停止しています。

その理由はパーキングブレーキに不具合の可能性を示す警告灯が以上点滅するといった事象のが見つかったためだとそうです。

そればかりか2013年の9月に発売された3代目「フィット3」現行モデルでは、1年間に5回のリコールが行われました。

 

その後も人気の高い車のトラブルが相次いでいてブランドのイメージ低下を招いています。

Sponsored Link

まとめ

今回は、ホンダの新型「フィット4」の発売延期報道について見てきました。

度重なる不具合やリコール問題が生じているようで、世界のホンダは大丈夫なのでしょうか。

少し不安になってしまいますね!

ホンダのブランドが好きな筆者としてはとても残念な状況です。

今後改善し挽回してほしいと願っています。

今回はこの辺で?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です