パリ五輪ロゴが冷笑の理由!ティンダーと似てる?ネットの反応まとめ

2024年に開催されるパリオリンピックのロゴのデザインが発表されました。

そのデザインはまるでパリジェンヌのイメージを彷仏させると冷ややかなコメントがネット上で相次いで見受けられます。

来年日本でもオリンピックイヤーの年を迎え今オリンピックが盛り上がろうとしています。

そんな中、発表されたパリ五輪のロゴの発表があり賛否の声が上がっていますね。

今回は、パリ五輪のロゴについて見ていきましょう。

Sponsored Link

パリ五輪ロゴが冷笑の理由!

2019年10月21日に発表されたパリオリンピックのロゴ画像はこちらです。

パリオリンピックのロゴは前回のパリオリンピックで流行したアールデコ調のデザインになっています。

金メダルの中にオリンピックの聖火が流れていますが、よく見ると炎の下の部分が唇になっています。

マリアンヌの唇と輪郭が使われており、ネット上では不要な色気を持たせていると冷笑されています。

Sponsored Link

パリ五輪ロゴがティンダーと似てる?

パリオリンピックのロゴは、なんともパリらしいおしゃれなデザインになっていますが、よくよく見てみるとなんだか見たことがあるようなデザインのような気もします。

感のいい人は気づいてるかもしれませんが、出会い系アプリのキンダーのロゴと似ているんです。

記憶に新しいところで言うと、東京オリンピックでも盗作疑惑が持ち上がっていましたよね。

これまでたくさんのロゴが作られてきたわけですので、似通ってしまうのはしょうがないと思いますが、しかしわかってしまうほど見ているのはどうなのでしょうか。

この辺のネットで冷ややかなコメントが多い理由になっているようです。

Sponsored Link

パリ五輪ロゴ ネットの反応まとめ

今回発表されたパリオリンピックのロゴですが、出会い系アプリ「ティンダー」と似ていると言う声の他にも、アメリカのドラマ「フレンズ」で一生を風靡した女優のジェニファーアニストンさんの髪型を思い出すといった声も出ているようです。

各国の反応は冷ややかなコメントが相次いでいます。ここ日本ではどうでしょうか。ツイッターをみていきましょう。

日本のSNSの投稿では以外やと好評のようですね!やはり日本人にはないパリのお洒落さが好評の理由のようですね。

今後、東京オリンピックのロゴのように盗作疑惑などが出てこないといいのですが。

引き続き注目していきたいと思います。

それでは今回はこの辺で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です