バレンティンFA宣言報道を調査!楽天公式ツイッターをフォロー!?

ヤクルトのウラディミール・バレンティン外野手がFA権を宣言することになりそうです。

そうなると来期は外国人枠から外れるので日本選手扱いとなります。そうなれば他球団の注目はさらに高まっているでしょう。

どの球団がバレンティン外野手を獲得するか非常に楽しみですね。

今回はバレンティン外野手のFA宣言報道について見ていきましょう。

Sponsored Link

バレンティンFA宣言報道を調査!

ウラディミール・バレンティン外野手と言えばこれまで通算288本ホームランを記録しています。

権利を行使してた球団へ移籍することになれば、2011年に西武のミンチェ選手に続きふたりめになります。

もしこれがFA宣言の実現となれば、11月3日からヤクルト以外の他球団と交渉ができるようになります。

一体どのチームがバレンティン選手を獲得するか非常に注目されます。

ドラフト会議が終わったばかりと言うことで、思うように選手を獲得できなかった球団もあることでしょう。

そんな球団がこぞってバレンティン外野手を狙ってくると想定されます。

確かにバレンティン外野手のような選手がチームにいたらそれだけでかなりの戦力になると思われます。

実力のほどは288本のホームランを放ってきた最強バッターだけに証明済み。

一体どの球団が獲得に乗り出すのでしょうか。

Sponsored Link

バレンティン外野手かツイッターで移籍の可能性も!

バレンティン外野手自身もSNS のTwitterで、「来年はどのチームでプレイするのがみんな見たい?」

と、移籍をほのめかすコメントも自ら公表しています。

バレンティン外野手は楽天の公式アカウントをフォローしています。

もちろんヤクルトも含めて、すべての球団と話をして自分が納得いく条件を提示してくれる球団に移籍したいと考えているのでしょうね。

ヤクルト側残留をもちろん要請しています。

早くも日本シリーズを制したソフトバンクなどが既に調査に乗り出しているんだとか。

バレンティンが癒しは9年間で8度の30本ホームランをマークしてます。

ただし高年俸で日本円で約4億4000万円と想定されます。

ただしここ日本で実績を出している選手なのでそれだけの金額を提示しても獲得したいと言うチームは複数出てくるのではないかと思われますね。

普通に考えたら、海外でいくら実績があったとしても日本の環境に馴染めるのかだったり、日本のピッチャーに対応できるのかといった問題も出てきますからね。

既にこれだけの実績を出していればまず問題ないでしょう。

各球団のファンも期待しているようです。

Sponsored Link

バレンティンFA宣言報道まとめ

今回はバレンティン外野手のFA宣言報道について見てきました。

早くて今年の11月3日から全ての球団との交渉が可能になると思われます。

早くもソフトバンクが調査に乗り出していると言うこともあり、日本シリーズで優勝したチームが獲得すると言うことになれば来期もソフトバンクはかなりの強敵となりそうです。

巨人も交渉に参戦するようです。

バレンティン外野手の来期の球団はどこになるのか今から楽しみですね。

それでは今回はこの辺で、最後までお読みいただきましてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です