軍用犬 ベルジアン・マリノア【画像】英雄犬にネットの反応がすごい!

アメリカのトランプ大統領は過激派組織ISISの最高指導者アブバクル・バグダディ容疑者を追い詰めて負傷した軍用犬のベルジアン・マリノアが話題になっています。

軍用犬のベルジアン・マリノアについはネットでも大きな反響を呼んでいます。軍用犬のベルジアン・マリノアがどのような軍用犬なのか気になりますね!

今回は、軍用犬のベルジアン・マリノアについてみていきましょう。

【この記事を読んでわかること】

  • 軍用犬 ベルジアン・マリノアとは?
  • 軍用犬 ベルジアン・マリノア【画像】
  • 英雄犬にネットの反応がすごい!

Sponsored Link

◼︎軍用犬 ベルジアン・マリノアとは?

過激派組織ISISの最高指導者アブバクル・バグダディ容疑者を追い詰めて負傷した軍用犬のベルジアン・マリノアについて報じられた記事の内容を見ていきましょう。

【ワシントン共同】過激派組織「イスラム国」(IS)の指導者バグダディ容疑者の急襲作戦で活躍した軍用犬が米メディアの注目を集めている。

容疑者を隠れ家のトンネルの奥まで追い詰め、負傷して帰還したことから「英雄犬」と称賛。

国防総省が名前を「機密扱い」して公表しないことで関心に拍車を掛けた。

トランプ大統領は28日、ツイッターで「偉大な仕事をした素晴らしい犬」と投稿した。トランプ氏は犬との面会を望み、ホワイトハウスに招待したという。

犬の存在はトランプ氏が27日の記者会見で触れ、トンネルで追い込んだ複数の軍用犬のうち、この犬が唯一負傷したと説明していた。

トランプ大統領のツイッターで公開された軍用犬 ベルジアン・マリノア【画像】

トランプ大統領がツイッターで公開した軍用犬の画像がこちらです。

トランプ大統領は英雄犬についてコメントも発表しています。

Sponsored Link

【動画】軍用犬のベルジアン・マリノア

今回、報じられた軍用犬のベルジアン・マリノアについてネットに投稿されたコメントも様々な声が上がっています。

軍用犬のベルジアン・マリノアのネットの反応まとめ!

世間の反応はこのようなものになっています。いろいろな意見やコメントが沢山見受けられます!

◆ワンちゃんがいたと知ってからドキッとして、それからずーっと心配で心配でドキドキしっぱなしでしたが無事だと分かって胸をなでおろしました。警察犬、軍用犬、災害救助犬、盲導犬、介助犬など様々なワンちゃんたちがいますが、いつもいつも彼ら彼女らの無事と健康を祈りながら応援し続けています。これからも世界中で活躍しているワンちゃんたちがどうか無事で毎日を過ごしていくことを心から祈っています。
みんな頑張れ!

◆アメリカの失策で生みだしたIS指導者。
本来ならばアメリカの責任がもっと追求されてもいいはずだと思うのですが、、
指導者のお子さんたちには罪はない。。。

◆容疑者死亡よりも、軍用犬の安否が 気になっていましたが・・
助かったようで 安心しました。
ケガの回復を願っています、大事を取ってあげてください。

◆唯一の負傷…とありますが、追い詰めた他の軍用犬達と一緒に写真を撮らないんだ…とか、他の軍用犬が『無事』とは書かれていないので、自爆に巻き込まれたのかもしれないと悪い方向に考えてしまいます。
争いが無くなるのが一番ですが、きっと無くなる事は無いのでこういった任務はドローンに代わるといいですね。

◆早く怪我が治ったらいいね!
美味しい物いっぱい食べてゆっくり休んで!

軍用犬として育てられているけどトラウマみたいのは犬はならないの?

とっても可愛そう普通の暮らしをして欲しい。

◆負傷で良かった~
自爆したって報道されたから追い詰めた軍用犬とハンドラーが心配だったけど、致命傷じゃなくて一安心

ただ、名前や写真は報道しないでほしいなぁ~
テロリストからのターゲットにされちゃうから…

◆公にして手柄を…なんて単純な話にならないんじゃないかな?

1つの凄まじい悪意による悲惨な事柄から、それに対する報復、報復の…報復、報復の報復…の報復、報復の報復の報復…の報復。

で、今回の報復に脅えないといけなくなる。
件の人物が死んでも、『代わり』はいくらでも現れる。

◆シリアやイラクのコンクリートの建物は堅牢で金属を使用していないんであのように厚い壁や天井や床がバラバラになるだけ。だが西洋だとそういう建物が作れないということもあり金属を使用するが金属疲労は避けられず、実は毎年相当数の橋が崩落しており、ハイウエイが突然ドンと落ちたり、割といい加減なんです、アメリカは。
自分たちで自認してるんですから。
ということで、アラブの建築技術は起源が世界一古くて、ローマもギリシアも学んだくらいのオリエント文化なんです。
ペルシアの王様の天幕をサラミス海戦の後ようやく勝てたと訪問したギリシア人たちは、ペルシアが金銀財宝や豪華な織物、リッチな食材と食事に呆れて、自分たちのような貧乏人のギリシアに侵攻してきて、あきれた人たちだと言い切ったそうです。
以後はペルシアの貴族と付き合いたがり、金銀製品をプレゼントしてもらい、オリエント文化をせいぜい真似たとか。

Sponsored Link

終わりに

今回は、軍用犬のベルジアン・マリノアについてみていきました。

軍用犬のベルジアン・マリノアについてはネットでも歓喜の声が上がっていましたね!

今後も、軍用犬のベルジアン・マリノアの名前は非公表になっています。

それでは今回はこの辺で、最後までお読みいただきましてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です