秋山翔 離脱可能性がヤバい!【動画】骨折ならメジャー挑戦はどうなる?

侍ジャパンの秋山翔吾外野手(31)が、プレミア12に出場しデットボールを右足つま先付近に受け、骨折の可能性が出てきたことが報じられました。

メジャーへの挑戦も宣言していたことから心配の声が上がっています。

骨折と言われていますが、どの程度のものなのか怪我の状況が気になります。

今回は、秋山翔吾外野手の離脱の可能性について見ていきましょう。

【この記事を読んでわかること】

  • 秋山翔 離脱可能性は?
  • 秋山翔 メジャー挑戦を宣言【動画】
  • 秋山翔 国際大会で骨折するのはなぜ?
  • 秋山翔の骨折報道にネットの声

Sponsored Link

◼︎秋山翔 離脱可能性は?

侍ジャパンの秋山翔吾外野手(31)が、日本対カナダ戦でデットボールを受け、骨折の可能背があることが報じられた記事の内容を見ていきましょう。

秋山の内角低めを突こうとした134キロのカーブが、無情にも右足めがけて飛んできた。3回1死で迎えた第2打席。2球見送りカウント1-1で迎えた3球目だった。ステップした右足をよけようとしたが、つま先付近に直撃。痛がりながらも一塁へ進んだ。次打者菊池涼の二ゴロの際は、二塁めがけてダッシュ。封殺となりベンチに下がると、4回表の守備についた。しかし、5回表、中堅に秋山の姿はなかった。

6点ビハインドから反撃を仕掛けた試合中、病院へ直行した。試合後に稲葉監督は「今、病院にいったので、まだ何も聞いてません」とだけ話し、ロッカールームでは30分以上、首脳陣による緊急ミーティングが行われた。検査の結果、骨折の可能性も浮上し、チーム離脱を余儀なくされるかもしれない。

秋山翔 メジャー挑戦を宣言【動画】

秋山翔外野手はメジャー挑戦を宣言したばかりでした。

10月29日に海外FA権行使を表明していた。メジャー挑戦を宣言。プレミア12でも「打って評価が上がる、打てなくて評価下がるのも自分の実力。この大会に出ないで、シーズンの成績だけでとってもらえるかも分からない」とメジャーへのアピールをするはずだったが、思わぬ緊急事態。世界一を目指す日本にとっても、リードオフマンの離脱となれば、痛恨の極みになる。

ライオンズ最後の試合となる可能性がある試合でのファインプレーに感動しました。

Sponsored Link

秋山翔 国際大会で骨折するのはなぜ?

秋山翔外野手のプレミア12での骨折についてネットに投稿されたコメントも様々な声が上がっています。

秋山翔の骨折報道にネットの声

世間の反応はこのようなものになっています。秋山選手のこのタイミングでの離脱の可能性についてはいろいろな意見やコメントが沢山見受けられます!

◆メジャーへの準備のために辞退しても叩かれたりしなかったと思う…
投手のが負担は大きいようには見えるけど打者も今回の死球や自打球での怪我や守備の時に怪我する恐れもあるのは分かってたことだし
結果論にはなるけど、何人かは調整不足なりなにか理由をつけ辞退してる訳だしその辺は考えて欲しかった。
年齢を考えるとメジャーへの挑戦は今回が最後になってもおかしくないと言われてる中での怪我ですし…
軽傷で影響が出ないことを祈ります。

◆一生懸命やってる選手には申し訳ないが世界一決定戦でも何でもないこんな大会に貴重なオフを犠牲にして怪我のリスクを負ってまで出場する意味が分かりません。それはメジャーを目指す秋山だけでなくNPBで戦う選手もそう。オフは体を休めたり等リカバリーして、来シーズンそして五輪に向けた準備、体作りをした方がよっぽど良い。本当にプレミア12に参加しなければいけないのか疑問しか感じない。

◆NPBがどこに行きたいのかの不透明さが、この様な結果に…

WBC?プレミア?オリンピック?

全て一番を狙い、その度に第一線の選手を集め、時期も関係なく試合を行わせ、リスクを全くかえりみずやらせた結果がこれ。

特にメジャーへの挑戦を表明したばかりなのに。

あれもこれも手を出さない方が良いと思う。

それにこんな事をしていたらWBCの価値自体落としてしまう。

世界と渡り合う体験ほ必要とは思うが、毎回NPBのトップ選手ばかりでは若手の機会も積んでしまう!プレミアは21歳以下とか、オリンピックはアマチュアのみとかにしないと!!

とにかく軽傷である事を祈る。

◆西武ファンです。
秋山もこの年齢で骨折となるとメジャーどころじゃなく選手生命が危ない(前田さんみたいに)。だからしっかり休んでほしいしわざわざジャパンに出る必要もない。残留でも夢を叶えるのも本人ですがもし骨折だと言うなら残留して治してから来年ポスティングを使ってでも行けばいい。

◆侍ジャパンは応援するがシーズンを優勝目指して戦ってきた選手達も疲れていると思うので頑張ってとは言えない。
無理して怪我もしてほしくないし、辞退した選手達の気持ちもわかる、オリンピック前にメンバーを見たいのもわかるが国際大会はWBCに絞って戦った方が良いと思う。

◆侍は
社会人、大学生から選出してやってほしいかな。
特例で高校三年生くらいはいい選手はよんでもいいだろうし、
アマチュア選手たちのモチベーションにもなるだろうし、プロ契約してる選手たちの怪我のリスクを無くせるし、野球界全体の底上げになると思う。
怪我など理由に辞退してる人がいる中、代表に出て怪我してちゃ出なくて正解って印象は今後もずっと変わらないし。
今のプロ野球のシステムと日本代表とじゃ、どうしても無理があるし、プロを選ぶにしても二軍以下の選手とかなんかしら意図を持って選考したほうがいいと思う。
そういうなかでアマチュアを含めた侍ジャパンを作れば。
プロ契約して、今期の仕事を全うして、オフに怪我してもし今後の仕事に支障が出るなんて、おれらでいったら、休みの日に遊びいって怪我して仕事できませんやれませんいけません、許されないでしょ~

◆そもそもまったく価値がない大会。

前回大会も所属不明や、引退済みの40代だったりと、怪しい選手が相手方に沢山いた。

でも、テレビ局は視聴率が欲しいから、相手を強豪に仕立て、
まるで五輪のように煽る。

他のスポーツのように代表ビジネスで収益化したいのはわかります。

でも、数カ国しか興行が成立していない野球の規模だと、あまりにも厳しいし、選手生命にかかわるような怪我をしてしまったら元も子もないですよ。

Sponsored Link

終わりに

今回は、秋山翔吾外野手の離脱の可能性についてみていきました。

メジャーへの挑戦も宣言していたことから心配の声が上がっていました。

怪我の状況が心配されます。

それでは今回はこの辺で、最後までお読みいただきましてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です