【運転中】ながらスマホの厳罰化はいつから?罰金はいくら?点数も!

車の運転中にスマートフォンを使ったことにより交通事故が後を絶たないようです。

それにより改正道路交通法が2019年12月1日より実施されます。

どのように変更されるのでしょうか。

また免許停止の可能性や罰金等もあるのか気になります。

今回は、運転中のながらスマホの厳罰化についての改正について見ていきましょう。

Sponsored Link

【運転中】ながらスマホの厳罰化とは?

これまでは車の運転中に携帯電話を使って危険が生じた場合の罰則は、3ヶ月以下の懲役又は5万円以下の罰金でした。

これが道路交通法の改正後には1年以下の懲役、又は30万以下の罰金が課せられるようになります。

また改正後には反則金の適用はなくなり、刑事罪の適用がなされる他にも、違反点数が以前は違反点数が2点だった者が違反点数が6点に引き上げられます。

そのため運転免許停止の処分の対象になります。

またスマートフォンや携帯電話などの通話やスマホのカーナビ等を使って画面を見たりする行為を行った場合は、これまでの罰則は5万円以下の罰金だったものが改正後は6ヶ月以下の懲役又は10万円以下の罰金が課せられるようになります。

【運転中】ながらスマホの厳罰化はいつから

  • 改正道路交通法変更時期
    2019年12月1日~

免許停止の可能性や点数、罰金はいくら?

 

反則金は、改正前の【大型:7000円】【普通:6000円】【2輪:6000円】【原付:5000円】から、改正後は【大型:2万5000円】【普通:1万8000円】【2輪:1万5000円】【原付:1万2000円】と大きく引き上げられ、違反点数も1点から3点に変更となっています。

【ながらスマホで危険が生じた場合】

  • 変更前
    3ヶ月以下の懲役又は5万円以下の罰
  • 変更後
    1年以下の懲役、又は30万以下の罰金

【ながらスマホの使用】

  • 変更前
    5万円以下の罰金
  • 変更後
    6ヶ月以下の懲役又は10万円以下の罰金

Sponsored Link

運転中ながらスマホの罰則にネットの反応は?

運転中のながらスマホの罰則の改正にネットでも話題となっています。

世間の反応

◆すごく多いですよね。
前の車が進んでいるのに、動き出すのが遅い車。
赤信号に代わって順次停止する車にのろのろと追従してすごく車間を開けて停車する車。
直線道路で指定速度で走っている車、これはいいんだけど、速度にむらがあって指定速度を下回ったり上回ったりする車。こんな車は前車との車間も広すぎ。
こういう車ってだいたい運転手の顔がやや下向きだったり、左向いていたりと明らかに進行方向を見ていない。
スマホを見てるんだなあーと思ってしまう。
下手したら数が多い分、飲酒運転よりたちが悪いかも。

◆実際に死亡事故まで起きている重大な問題。一時期はポケモンGOをやりながら運転していた馬鹿がいたが、こうしたながらスマホへの罰則強化は徹底的に行うべきです。個人的には免停だけでなく免許取り消しが相応かと思います。飲酒運転と大差がない極めて危険な行為であり、自動車とは時に人を殺傷する凶器にもなり得る事を自覚しなければなりません。

◆これでながらスマホ無くなればいいんですけど。
多分無理じゃないでしょうか。
検挙されても「手に持ってただけ」とか言い逃れするでしょうから。
取締りの方法を考えた方がいいと思います。
使用している場面を撮影するとか。
それとGPSを使って、一定以上の速度で移動していたら、スマホの画面をロックしてしまうとか。
タクシーや大型トラック、バスなどのプロドライバーと言われる人も平気でながらスマホしているのをよく見かけます。
運転よりもスマホの方がそんなに大事なんでしょうか。
事故を起こす前に意識を変えていただきたいです。

◆自分は週末に自転車に乗るが、若者のスマホ自転車イヤホン自転車も摘発し、厳罰にしてほしい。
自転車乗りとして、自転車乗りの評判が悪くなる行為は許せない。
車通勤してると感じるが、確かにスマホ見て運転してる人は車でも自転車でも結構いる。
事故ってからじゃないとわからない奴には免許なんてあげちゃいけない。

◆今朝も徒歩で通勤途中、それなりに交通量のある道路で堂々とスマホ見ながら運転してるやつたくさん見た。罰則強化は喜ばしいことだが、まずは本格的に取り締まれば良い。たくさん捕まると思う。
あと、事故を起こさなくてもスマホと飲酒は一発免取で構わない。それぐらい厳罰化してほしい。

◆バイクに乗っていると車でのスマホ使用は一目瞭然。覆面パトカーが有るのだから、覆面白バイを設立して取締れば良い。現行の白バイの車体と服装では無理。スマホだけでは無く色々な違反も取締れると思う。
最近の道路事情は無法化していると思う。

◆運転しながらゲームとかもっての他、交通事故で亡くなられた子供さんもいるのだから、もっともっと厳しくするべきです。自転車のスマホも歩きスマホも厳しく処分するべきだと思います。
前の車が明らかに蛇行していて危ないなあと思うと、大体スマホ触ってます。

◆いいと思う。ホント危なっかしい運転してるヤツの大半はスマホ。ハンズフリーすらない。一回歩道の区別のない路側帯内を歩いてたら接触され転んだことがある。あろう事か「どこ見て歩いてんだ」と言われたので速やかに通報した。車は逃げたが証拠として運転手の姿、車のナンバーが写ってる画像を提出してひき逃げという感じに証言してやった。(嘘にならない範囲で)
あとから警察から連絡が来て、犯人は無事確保。普通に歩いていて転ぶほど強く当たった後に逃走したので重過失に問われる可能性があるとの連絡を頂いた。(車両は歩行者等に当たる可能性のある場合は徐行(直ちに停止できる速度による走行)しなければならないのを多くの運転手が忘れている。)
運転する人達は歩行者に当たったと思ったら何はともあれ謝罪と救助を。

◆今回の改正には賛成だし、改正されても違反する人はいなくならないとは思う。でも今より減らそうと思ったら改正するしかないし、本当ならもっと厳しくてもいいと思う。

スマホを見て運転していることを当たり前のように考えている人は、それが普通ではないことをしているということに気付くべきだし、今まで事故を起こして無くても今後続けていたら事故をする可能性は高くなる。事故を起こしてから気付いても遅い。

ながら運転によって加害者、被害者になる人が増えてきたという現実を考えた場合、先進的な機器などを導入して徹底的に違反者を取り締まる必要性があると思います。

 

Sponsored Link

終わりに

今回は、運転中のながらスマホの厳罰化についての改正について見ていきました。

これまでの運転中のながらスマホの罰則に比べると、かなりの改正があることがわかりました。

そもそも車を運転しながらスマートフォンをいじる行為自体非常に危険な行為なのでこれは絶対にやってはいけませんね。

また改正時期は2019年12月1日からなので知らなかったとはならないようにあらかじめ注意したいです。

それでは今回はこの辺で、最後までお読みいただきましてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です