銀メダル拒否に波紋【動画】イングランドなぜ?かけない?外す理由は?

ラグビーのワールドカップ日本大会が昨夜、決勝戦が行われ南アフリカ代表が32-12でイングランド代表を下し3大会ぶり3度目の優勝を果たし幕を閉じました。

惜しくも敗れてしまったイングランド代表が銀メダルを拒否する姿が見られネット上でも大きな波紋を呼んでいるようです。

このことには賛否の声が上がっています。

今回は、イングランド代表の銀メダル拒否についてみていきましょう。

【この記事を読んでわかること】

  • 銀メダル拒否に波紋
  • イングランド’銀メダル拒否 波紋【動画】
  • イングランドメダル拒否はなぜ?かけない?外す理由!
  • メダル拒否にネットの上の世間の声

Sponsored Link

銀メダル拒否に波紋

イングランドはラグビー発祥の地のイングランドがメダルを拒否した事件は各メディアで大きく報じられました。

ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会の決勝が7日、横浜国際総合競技場で7万人を超えるファンを集めて行われ、南アフリカがイングランドを32-12で下し3大会ぶり3度目の優勝を果たした。戦前は、名将、エディー・ジョーンズ・ヘッドコーチが率いるイングランド有利の声が強かったが、想定外の完敗。そのショックと悔しさからか、表彰式ではロックのマロ・イトジェが銀メダルを首にかけられることを拒否。授与された直後に銀メダルを首から外す選手が続出するなどラグビー発祥の“紳士の国”の選手が見せた“紳士的でない態度”を海外メディアも一斉に報じた。

ロックのマロ・イトジェ選手が銀メダルを首にかけてもらうことを拒否しています。他の選手も首にかけてもすぐに外してしまっているようです。

銀メダルを拒否する映像を動画で見ていきましょう。

イングランド代表の銀メダル拒否の波紋動画

「ラグビーワールドカップ2019」日本大会の決勝後の終業式のセレモニーでイングランド代表選手がメダルを授与されるもメダル拒否した動画はこちらになります。

Sponsored Link

イングランドメダル拒否はなぜ?かけない?外す理由!

イングランド代表のメダル拒否についてネットでも話題になっています。

イングランド銀メダル拒否事件にネットの上の世間の声

◆負けて悔しいのはみんな同じ。
ニュージーランドはイングランドに破れてマスコミの厳しい攻撃もあったが、最後まで堂々としていたと思う。
そのニュージーランドを破ったイングランドがこれではいただけない。
いくら悔しくてもやり方はいくらでもある。
あれでは、紳士どころかただのワガママな子供だ。
批判されて当然だし、大会の最後に泥を塗られた形だ。
試合には破れたが、ニュージーランドやウェールズの方が真の勝者だと思う。

あと、南アフリカはすごかった!
あれだけすごいと日本も諦めがついてしまいます。
おめでとう!

◆ラグビー発祥の地としての意地と誇りは認めるが、勝負の勝ち負けで優勝と準優勝なら誰でも優勝を目指してるし、勝ちたいだろう。

勝負して負けたのだから、セレモニーの間は勝者に敬意を払い、メダルは首にかけたままにすべきだと思う。

発祥の地としてのプライドよりも紳士的対応の方が優先されるべきでした。

◆サイモン・トーマス氏は、ツイッターで彼らの態度を擁護した」とし、そのトーマス氏の「どれだけイングランドが落ち込んでいるかを物語っている。彼らはさらに上のものを望んでいたのだ」というコメントを掲載した。

届かなかったのは自分たちの問題。公の場で気持ちを表現すべきではなかった。
ティア1と言われるチームがこれかよ、と、がっかりしました。

◆悔しがるほどの試合内容じゃないよね。完全にねじ伏せられた。誤審とか南アの非紳士的行為があったと言うならメダル拒否も分かるが自らの実力なさが招いた結果。当然の敗戦。ありがたく銀メダル受けるべき。相手にも日本にも運営にも失礼。英国紳士はもう消失したんだね。

◆テレビで観戦していたが、あの銀メダル授与は不愉快でした。
勝者へはもちろん、プレゼンターに対しての敬意のかけらも感じられなかったのは非常に残念。本当に失礼です。
今大会は勝ち続けていたため、敗者の立場は初めての経験。蓋を開けてみれば、今大会で一番ノーサイド精神のないチームということがあの態度で露呈してしまいましたね。
たとえ銀メダルでも堂々としていてほしかった…。

◆気持ちはわかるが、見てて気持ちのいいものではなかった。
悔しい気持ちは胸にしまい、あの場はしっかり銀メダルを首にかけ、勝者を祝うべきだった。
逆に、中でもちゃんとかけてる選手がいて、すごく大きくかっこよく見えた。

◆メダルをすぐはずす行為は観ていてとても残念だった。選手の悔しい気持ちは十分に分かる。それでもそのメダルすら首にかける事が出来なかった他のチームの事を考えればせめて控え室に戻ってからやればよかったんじゃないだろうか。
今までラグビーに関心がなかったけど今回の大会を通じてラグビーがとても紳士的でフェアな競技だと知った。ノーサイドという言葉も目の前で何度も見る事が出来た。勝っても負けても誇り高い選手の姿をまた見せて欲しいです。

◆どの国も一番上を目指して試合をしてきたに決まっている。銀でもイイと思って試合しているわけじゃないし悔しいのもわかる。だからって銀メダルを拒否する行為って小さな子供が駄々をこねて拗ねているだけのようで見ていてみっともない。銀メダルを外したかったら裏に帰ってからすればよかったのに。この行為だけで紳士のスポーツじゃないやんって思ってしまう。

◆準決勝のNZが、イングランド戦で見せた自信喪失の表情。何で相手を上回れないのだろう?という表情。それが決勝では、逆にイングランドが南アフリカに、その表情をさせられるとは。

◆しかしチーム一丸でメダルを掛けなかったとは、表彰式の前にチームで、そうしようと打ち合わせでもしていたのだろうか?ラグビーのノーサイドの精神を踏みにじる様な行為でとても残念。

メダルを外したい気持ちは分かる。自分達は優勝に価するチームであると言う自負があるんだろ。しかしエディが規律を守ってこそ自由が生まれると言って、規律の重要性を説いていた。その規律は試合中だけで無く式典の時も同じこと。むしろプレー外の時こそ言葉の真価が問われる。メダルを受け取る事、胸に掛ける事は式典の中での規律。ラグビーを通して規律の重要性を感じただけに残念だ。

Sponsored Link

終わりに

今回は、イングランドはラグビー発祥の地です。今大会の決勝戦でイングランド代表が有利の声が多数上がっていました。

世間の反応は紳士的ではない態度といった批判の声もある一方で、メダルを外してしまう気持ちがわかると言う方も多数見受けられました。

来年は東京オリンピックが開かれます。ここでイングランド代表のリベンジが期待されますね。

それでは今回はこの辺で、最後までお読みいただきましてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です