天王寺動物園の呼びかけを紹介!ワライカワセミの「アキーゴ」の画像も

2019年11月3日、大阪市の天王区にある天王寺動物園がワライカワセミの「アキーゴ」が、行方不明になったこと呼びかけています。

大阪市の鶴見区内で行われたイベント会場から行方不明になったそうなんですが、「アキーゴ」の行方が心配ですね。

今回は、天王寺動物園が呼びかけ内容やワライカワセミの「アキーゴ」についてまとめていきたいと思います。

【この記事を読んでわかること】

  • 天王寺動物園が呼びかけとは?
  • ワライカワセミの「アキーゴ」の画像!

Sponsored Link

天王寺動物園が呼びかけ詳細!

天王寺動物園が呼びかけているワライカワセミの「アキーゴ」について報じられた内容がこちらです。

天王寺動物園(大阪市天王寺区)は3日、同園で飼育しているワライカワセミの「アキーゴ」(性別不明・2歳)が、同市鶴見区内で開かれていたイベント会場から行方不明になったと発表した。ワライカワセミは人に危害を及ぼす鳥ではないという。

人間に危害を及ぼす鳥ではないと言うことでその点は安心して大丈夫そうです。

ワライカワセミの「アキーゴ」が、行方不明になったのは花博記念公園鶴見緑地で行われていた「ECO縁日2019」 の会場の出展準備中だったようです。

原因は以下のようです。

アキーゴを止まり木に係留させた際、担当の職員が係留用ロープの金具の劣化に気付かずに使ったため、金具が壊れて外れたことが原因と思われるという。

金具が外れて飛んでいってしまったのでしょうか。空に飛んでいってしまったと言うことであれば見つけるのは非常に難しいですね。

どういった鳥なのか画像でご紹介します。

Sponsored Link

ワライカワセミの「アキーゴ」の画像!

こちらがワライカワセミの「アキーゴ」の画像です。

頭の部分が茶色でお腹の部分が白、羽の部分は黒ぽいですね。

お顔は非常に凛々しい顔をしているように見受けられます。

足の部分に保定具の金具をつけたままと言うことなのでそれが目印になりそうです。

天王寺動物園ではこのように呼びかけています。

同園では「革でできた鳥の足に装着する保定具を付けたままと思われるアキーゴを見かけられた方がいらっしゃいましたら、事務所まで連絡をいただきたい」と呼びかけている。情報提供は同園事務所(電・06・6771・2174)まで。

もし、ワライカワセミの「アキーゴ」を見かけたら事務所までご連絡してあげてほしいです。

園長さんもツイッターと呼びかけを行っています。

Sponsored Link

終わりに

今回は、天王寺動物園が呼びかけ内容やワライカワセミの「アキーゴ」についてまとめていきました。

どこに行ってしまって今どのような状況にあるのか凄く心配ですね。

足元に金具が付いていると言うことでそれが目印になりそうです。もし、ワライカワセミの「アキーゴ」と思われる鳥を見かけたら天王寺動物園が事務所に是非連絡してあげて下さい。

ご連絡先を記載しておきます。

  • 天王寺動物園事務所
    電話番号:0667712174

早く見つかってほしいと思います。

それでは今回はこの辺で、最後までお読みいただきましてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です