国道161号事故多発の原因は?魔の片側1車線区間の場所はどこ?【地図】

琵琶湖の近くの国道161号線で事故が多発していることが話題になっています。

琵琶湖の西岸を走る国道161号線で事故が絶えない理由はなんなのでしょうか。

また事故が多発している場所は片側1車線区間のようなんですがその場所も気になりますよね。

今回は、国道161号線の事故多発の原因等について見ていきましょう。

Sponsored Link

国道161号事故多発の原因は?

事故が多発しているという琵琶湖の西岸付近の国道161号線。

魔の国道片側1車線について報じられた内容がこちらです。

県警交通企画課によると、国道161号で正面衝突による死亡事故は2009~19年10月に14件で、すべて大津市坂本7丁目-滋賀県高島市マキノ町の片側1車線区間(約62キロ)で発生した。県内では国道1号や国道8号も片側1車線区間が長いが、同期間の正面衝突による死者は各4人となっている。
同課の説明では、161号の同区間は自動車専用区間や高架区間が長く、単調な道が続くため、ドライバーの集中力が続きにくく、居眠りや脇見などが起こりやすい。信号や交差点が少ないため、制限速度を超える車も多いという。
一方で、ガードレールやケーブル型防護柵、中央分離帯などは整備されていない。道路法や道路構造令で定められた車線幅を確保できなくなるのが理由で、国交省滋賀国道事務所は「道路自体を拡幅する大規模な工事が必要になり、現実的に難しい」としている。結果、重大事故を防げていないという。
同事務所は、同区間の約22キロにわたり道路中央にゴム製のポールを設置し、中央線付近に音の出る舗装を施すなどの対策をするが、対向車線にはみ出す車を食い止めるには限界がある。
県警交通企画課は「ドライバーは沿線に複数ある道の駅などで積極的に休憩し、集中力を切らさないよう心がけて」と呼びかけている。

過去10年間に14人の方がなくなっていると言うことで非常に危険な場所になりますね。

今年の10月だけで2人もお亡くなりになっているとのことです。

事故の原因はいずれも居眠り運転と言うことで、対向車線をはみ出して正面衝突してしまっているようです。

居眠り運転を防ぐために道路上に何か設置などはできないものなのでしょうか。

これだけ危険な地域なのであれば何か対策などはされてないのかとなります。

記事の中ではセンターラインの上にゴム製のボールなどで安全対策をしているようなのですが、防護柵等は法律上設置できないようです。

Sponsored Link

国道161号事故多発 魔の片側1車線区間の場所はどこ?

琵琶湖の西岸付近の国道161号線は、魔の片側1車線区と言われていて非常に危険な場所になります。

まずはその場所をしっかりと把握し事前に居眠りなどをしないように準備をする必要がありそうです。

国道161号線の場所はこちらになります。

滋賀県の琵琶湖の西岸付近に当たる片側1車線区間が国道161号線になります。

高島市と京都市の間を通る道となっており、琵琶湖を端から端まで通れる位の距離になるので結構長い距離になります。

この区間は自動車専用区間が非常に長くずっと単調な道が続いているため、ドライバーの集中が続きにくくわき見運転とか居眠り運転とかが起こりやすい場所になっているようです。

そういった場所にもかかわらずガードレール等の整備があまりできていないため重大な事故につながってしまうようです。

道の駅等は複数あるようなのでドライバーは積極的に休憩などをして集中を切らさないようにする必要がありそうです。

Sponsored Link

国道161号事故多発 終わりに

今回は、国道161号線の事故多発の原因等について見ていきました。

161号線の区間はドライバーの集中が続きにくいと言うことで、脇見運転や居眠り運転が事故の原因のようでした。

また、脇見転と言うことでは近年車の運転中にスマートフォンをナビがわりに使い目的地までナビゲートの代わりに活用される方もいらっしゃると思います。

運転中のスマートフォンでのナビは非常に危険で走行中の注意がおろそかになってしまいます。

運転中のスマートフォンの操作はどうしてもやってしまいがちですが、非常に危ないです。

2019年12月1日から車の運転中のスマートフォンの操作は非常に大きな原点と処置がされるようになりますので絶対に運転中はスマートフォンをいじらないようにしないといけません。

それでは安全運転を心がけてくださいね。

それでは今回はこの辺で、最後までお読みいただきましてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です