WANDS 活動再開の新ボーカル上原大史の歌声は?イケメン画像も!

伝説的のバンドユニット「WANDS」が活動再開することがわかりました。

新しいボーカルを迎えて五期メンバーが勢ぞろいしました!

しかも、新しいボーカルの上原大史さんは、ものすごい歌唱力でめちゃめちゃイケメンなんです。

どんな歌声の持ち主なのかすごく気になりますについても気になります。

今回は、「WANDS」の活動再開にについてみていきましょう!

Sponsored Link

WANDS 活動再開!

「WANDS」の活動再開について報じられた内容がこちらです。

愛を語るより口づけをかわそう」や女優、中山美穂(49)と歌った「世界中の誰よりきっと」などで知られる伝説のロックバンド、WANDSが、新たなボーカルを迎えて再始動することが12日、分かった。第5期WANDSとして、第1、2期のギター、柴崎浩と第2、3期のキーボード、木村真也、圧倒的な歌唱力を誇るボーカル、上原大史の3人で復活。17日に大阪でフリーライブを開催し、来年1月29日に約20年ぶりの新曲を発売する。

第3期メンバーが2000年3月に宣言した「解体」という名の解散から19年8カ月。世代を超えた新ボーカリストを迎え、第5期WANDSとして始動する。

きっかけは昨年、タレントとしても活躍する歌手、DAIGO(41)が第1期のヒット曲「もっと強く抱きしめたなら」をカバーして話題になったことだった。

ファンのみならず、スタッフからもWANDSの再結成を望む声が挙がり、DAIGOのアルバム制作に携わったプロデューサー、長戸大幸氏(71)の耳に届くことに。1990年代にWANDSやZARD、大黒摩季らを輩出したビーインググループの創始者でもある長戸氏は、インディーズ時代から能力を高く評価していた上原を結成メンバーの柴崎と大島こうすけに引き合わせた。

感情をほとばせる上原の多彩な表現力と圧倒的歌唱力はWANDSサウンドに合致すると、今年に入り第4期として楽曲制作を開始。大島が裏方に専念するため脱退し、木村が加わって5期が始動することになった。

上原は「子供の頃から大好きでリスペクトしていたWANDSに、まさか加入するとは。不安はありますが覚悟を決めてやらせていただきます」と決意表明。一方の柴崎は「続きをやってみたくなった」、木村も「皆さんと出会える機会を3人で作っていきたい」とファンに熱く呼びかけた。

WANDSは91年にデビューし、3枚目の「もっと強く-」がオリコン1位に輝き、ブレーク。大島に代わり木村が加入した第2期には中山美穂との「世界中の誰よりきっと」をはじめ「時の扉」「恋せよ乙女」「世界が終るまでは…」など1位曲を量産。ボーカルとギターをチェンジした第3期は2000年に解散した。

第5期は今月17日に大阪・堂島リバーフォーラムでフリーライブを開催し、YouTubeで同時配信。復活ののろしを上げ、来年1月29日に約20年ぶりの新曲「真っ赤なLip」を世に放つ!

第5期 WANDSメンバー

  • 柴崎浩「第1、2期のギター」
  • 木村真也「第2、3期のキーボード」
  • 上原大史「新ボーカル」

 

新加入したボーカルの上原大史さんは、「WANDS」は子供の頃から大好きだったようでずっと憧れの存在だったようです。

リスペクトしていた完全に自分がボーカルとして加入することとなって、柴崎さん、木村さんと一緒に音楽制作をすることになるとは思いませんでしたとコメントしています。

自分に務まるかどうか不安はあるが覚悟を決めてやらせていただきます!

そう語っていますね。

Sponsored Link

WANDS 活動再開の新ボーカル上原大史の歌声は?イケメン画像も!

「WANDS」活動再開でやはり1番注目されるのは新ボーカルの上原大史さん。上原大史さんは新曲の作詞を手がけています。

上原大史さんの歌声が気になりますね!その歌声を動画でご紹介します。

上原大史さんはめちゃめちゃイケメンです。

Sponsored Link

WANDS 活動再開に世間(ネット)の声や反応は?

「WANDS」活動再開についてネットでも話題になっています。

◆WANDSが再結成されるのは嬉しい。
しかし、上杉昇が歌うことに意味があり、当時のWANDSが大好きだったオレからしてみれば、今回の再結成は正直なところやめてほしい。
どんなに歌声が似てる歌手であろうと、どんなに歌唱力がある歌手であろうと、それは上杉昇ではない。

◆WANDSと言えばやっぱ上杉さんのボーカルが良かったのに、ボーカル変えて再始動してもやっぱり上杉さんを知ってる方々は新しいボーカルと上杉さんを比べちゃうとか思う。声が違うのに昔の歌を歌えば上杉さんはここの所はもっと高い声だったなぁとか言われるよ。

◆オリジナルシンガーの上杉昇あってのWANDSだからなぁ。TM西川君のバックバンドの仕事くらいしかなかったギターの柴崎が過去に追い出された屈辱があるのに仕事欲しさにビーイングに戻ってきて、ビーイングスタッフのキーボードの木村がいるからWANDSを上杉抜きで復活させようか、くらいの乗りでの復活だろうな。最近のビーイングは過去の楽曲の使い回しで製作費をかけずに儲けようという路線が露骨。新人アイドルユニットに名探偵コナンで提供したビーイングが権利を持ってる曲を歌わせたり、ZARDのガールズコピーバンドを結成させたり、新たな楽曲をヒットさせる気持ちがない。

◆上杉が可哀想
特に売れないと思うけど
活動するのはいいけど
ファンが見たいのは
上杉がいたwandsだと思う
こんなまがい物見せられて
も喜び人いるのかなと思う

Sponsored Link

WANDS 活動再開 終わりに

今回は、「WANDS」活動再開についてみてきました。

今回の記事をまとめると、

伝説的なロックバンド「WANDS」が帰ってきます。ネット上ではお帰りなさいと早くも話題が沸騰しています。

今後のニュー「WANDS」に注目したいと思います。

それでは今回はこの辺で、最後までお読みいただきましてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です