明石家さんま 宮迫復帰否定!来年復帰の舞台「七転抜刀!戸塚宿」はデマ?

闇営業問題で活動を休止状態に追い込まれていた、雨上がり決死隊の宮迫博之さんが来年の1月に芸能活動を再開することがわかりました。

復帰となる舞台は、東京のBunkamuraシアターコクーンで上演されよる予定の舞台「七転抜刀!戸塚宿」。

舞台の上映予定や宮迫博之さんがどんな役柄を演じるのかが注目されています。

ですが、明石家さんまさんはこれを否定しています。

今回は、明石家さんまさんが、宮迫博之さんの来年復帰について否定した件について見ていきましょう。

Sponsored Link

明石家さんま 宮迫復帰否定!

宮迫博之さんの来年復帰について報じられた内容がこちらです。

反社会的勢力との闇営業が発覚し、事実上の謹慎状態にある雨上がり決死隊の宮迫博之(49)が、来年1月に芸能活動を再開させることが19日、分かった。1月10日から東京・Bunkamuraシアターコクーンで上演される舞台「七転抜刀!戸塚宿」に出演予定で、6月24日に当時所属の吉本興業から無期限の謹慎処分を下されて以来の復帰。それでもテレビ出演再開などのめどは立っておらず、本格的な活動再開にはまだ時間がかかりそうだ。

日本中を騒がせた「謹慎」→「契約解除」→「契約解除の解除」の処分から半年、宮迫がようやく芸能活動を再開させる。

復帰舞台となる「七転抜刀!戸塚宿」はタレント・明石家さんま(64)の主演舞台。関係者によると、騒動の端緒から宮迫のバックアップを宣言しているさんまの強い意向により決定したという。

さんまは21日に都内で行われる宮迫のためのイベント「みんなで一緒にオフホワイトからブラックに。そして白紙に戻った男を囲む会」を主催。業界関係者を数多く招待しており、同会で宮迫の舞台出演を発表する可能性が高いとみられる。

とはいえ、完全復帰にはまだ障壁が多い。処遇について二転三転した吉本興業との契約については、状況に変化はない。関係者によると、宮迫自身が吉本との話し合いのテーブルに着くことを拒絶しており、“元サヤ”決着は絶望的だという。

差し当たってはさんまの個人事務所「オフィス事務所」預かりとなることが有力だが、「オフィス-」は実質的に節税対策として設立された事務所でマネジメント業務の実態はなく、定期的な仕事供給は困難とみられる。

また、反社会的勢力との交際についての疑惑が完全に払拭(ふっしょく)されたわけでもないという。2016年に福岡市内で発生した金塊強奪事件の主犯格として逮捕され、今年7月に写真週刊誌「フライデー」で、宮迫と大阪市内の飲食店で同席したと報じられた野口和樹被告は、10月発売の著書で宮迫の「嘘」を指摘している。

関係者によると、テレビ業界からのオファーは「当分は見込めない状況」だが、事実上の活動休止状態から大きく前進することは間違いない。子ども食堂の運営や清掃活動など、ボランティアを進めてきた宮迫。久々に報道陣の前に姿を見せる可能性が高い21日に“完全潔白”を証明できるか注目される。

引用:デイリースポーツ

ですが、明石さんまさんはこの宮迫さんの復帰報道をラジオで否定しています。

タレント、明石家さんま(64)がパーソナリティーを務めるMBSラジオ「ヤングタウン土曜日」(土曜後10・0)で、闇営業問題で吉本興業から契約を解除されたお笑いコンビ、雨上がり決死隊の宮迫博之(49)を激励するパーティーを21日に東京都内のホテルで開いたことに言及した。

「宮迫に愛のあるイジリをして、ゲラゲラ笑っておもしろかったし、最後は女性陣なんかウォンウォン泣く結末だった」と明かした。来年1月10日に東京・渋谷のシアターコクーンで開幕するさんまの主演舞台「七転抜刀!戸塚宿」で復帰すると報じられたことを否定。「まだ早いのは分かったし、きのう(21日)のマスコミの数を見たら復帰の舞台はとんでもないことになると分かったので、俺の手のかからないところで復帰させます」と話した。

Sponsored Link

明石家さんま 宮迫復帰否定!来年復帰の舞台「七転抜刀!戸塚宿」はデマ?

宮迫博之さんが来年復帰する舞台について見ていきましょう。

宮迫さんが復帰予定の舞台の名前は、「七転抜刀!戸塚宿」。

場所は、東京のBunkamuraシアターコクーンです。

上映期間は2019年1月10日からです。

Sponsored Link

宮迫博之さんの来年復帰に世間(ネット)の声や反応は?

宮迫博之さんの来年復帰についてネットでも話題になっています。

  • 世間のニーズがあるかは知らないが、復帰自体は個人の自由だし、まぁいいと思います。それより、芸能界自体の反社との繋がりはちゃんと切れたのだろうか?吉本内部問題であえてメディアも有耶無耶にした感じがあるが、本来斬り込むべき本題がスルーされて、必要以上に個人だけを叩く風潮には疑問が残ります。

    アンタッチャブルな話なんだとはなんとなくわかるが、反社との繋がりが問題なら、やはり業界全体の闇にもスポットを当てるべきだったと思う。

  • 彼は性根が曲がっていると思うし、そう思っている人も多いのではないでしょうか。それでも応援しようとする人の気持ちは素晴らしいことですが、あまり過ぎると逆に何かを彼に握られてるのではないかという疑念も生じます。
  • 宮迫は、大御所への取り入りがうまいだけで、面白くないから、今回のことがなくてもいずれ何かのきっかけで崩れてたと思う。人間性が魅力がないのと、自分で大事にして、自分だけ助かろうともがくのが、好感が持てません。さんまさんの地位を引っ張らないでほしいし、さんまさんもやめてほしい。

    さんまさんが好きだから。

  • 吉本のパワハラ以前に、宮迫がウソつきまくったあげく、後輩まで巻き込んだことに対する謹慎にしてはヤケに短期間での復帰ですね。
    さんまの世間の空気を読めない復帰支援もおかしな話だし…。
    少なくとも個人的には、嫌いな芸能人ベスト2にはなりましたがね。
  • さんまさんがどうして宮迫だけ援護するのか不思議。
    さんまさん結構好きだったんだけど、今はその疑問があって、何となく見れない。それだけ宮迫さんに嫌悪感がある。
    芝居掛かったナルシストな嘘のつき方が私は無理。
  • 一般企業と吉本しかり芸能界の温度差って凄いよなぁってほんと実感する。社会人として働いていて会社に内緒で営業して利益を得てその相手が反社会勢力だった場合に反省しましたで同じ職業で同じ場所で復帰できる可能性なんて1%もない。薬物もそうだし何してもある程度の時間が過ぎればすぐに復帰話を身内がしだす。出ている番組を見る見ないは視聴者側が決める事だから気にはしないが復帰うんぬんは最低限吉本との話し合いが終わってからが普通なのではないでしょうか?拒絶状態でって違和感しかない。
  • 宮迫さん自身のタレントとしてのおごりと人としての未熟さが招いた結果だと思います。一般人よりもリスクのある所で生きていると言う自覚のなさと想像力の乏しさに社会人として親としての危機管理の希薄さにがっかりしたのも事実です。それでも尚人は生きて生活しなければならないので、それを阻む権利は私達にはないししてはいけないのだと思います。宮迫さんは犯罪者ではないし、むしろ週刊誌の報道の在り方に問題があり、週刊誌が生き残る為の手法の餌食になった犠牲者の一人だと思っております。糾弾するべきは文春のスクープ狙いの手法を法律で規制するべき部分はあると思います。写真は撮って1年すぎれば報道できないとか、規制するべきだと思います。タレントや有名人つぶしの報道はきちんと規制するべきだと思います。

Sponsored Link

まとめ|明石家さんま 宮迫復帰否定!来年復帰の舞台「七転抜刀!戸塚宿」はデマ?

今回は、宮迫博之さんの来年復帰についてみてきました。

来年の1月10日の舞台から宮迫博之さんが出演予定になっているそうで、どういった演技を見せてくれるのか非常に楽しみですね。

ですが、明石さんまさんはこれを否定していますので、どうなるか今後も、宮迫博之さんの来年復帰に注目したいと思います。

それでは今回はこの辺で、最後までお読みいただきましてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です