東京本社の生涯給料が高い企業ランキング2019一覧!一位はどこ?【画像】

東京都に本社を置いている企業に限定した生涯給料ランキングが発表され話題となっていますね。

この時期になりますと冬のボーナスがいくらもらえるか、気になっているサラリーマンの方々も多いはず。

今年はどれぐらいもらえるのか不安な気持ちも持ちながら期待に満ち溢れている方も多いことでしょう。

今回は、東京本社の生涯給料が高い企業ランキングトップ10について見ていきましょう。

Sponsored Link

東京本社の生涯給料が高い企業

東京本社の生涯給料が高い企業ランキングについて報じられた内容がこちらです。

東洋経済オンラインでは会社に新卒(22歳)で入社して定年(60歳)まで働いたときに取得できる総額である「生涯給料」の全国版ランキング・トップ500社の最新結果をまとめた。(『生涯給料! 「全国トップ500社」最新ランキング』)

 本記事では引き続き東京都に本社を置く企業に限定してランキングをまとめている。

対象としたのは『会社四季報』に掲載している上場企業約3700社のうち、単体の従業員数が20人に満たない場合や、平均賃金の発表がない企業などを除いた1635社。

各社直近の有価証券報告書の公開データと、厚生労働省が調査・公表している「平成30年賃金構造基本統計調査」の5歳刻み賃金額(所定内給与+賞与)から業種分類ごとに賃金カーブを算出し、それを各企業の平均年収と年齢に当てはめて試算した。あくまで理論的に割り出した推計値ながら、一定の目安となるはずだ。

 グループ企業については、連結ベースの年収を算出するのがベストだが、基データとして使用している有価証券報告書のデータが提出会社のものであるため、単体の年収数字となっている。

なお、本社の中枢機能を担う社員しかいないケースの多い、年収が製造現場などの実態より上振れる傾向にある純粋持ち株会社も一部除いた。また、ランキング表内で社名末尾に「*」のある会社は主要子会社のデータを採用している。

■M&A助言業界が上位を席巻

 1位のM&Aキャピタルパートナーズは10億7394万円。唯一の「推計10億円超え」であり全国版でもトップだった。理論上の試算値にはすぎないものの、2位GCA(7億8287万円)、3位ストライク(6億0187万円)となった。年収ランキングの上位3社はM&A助言会社で他社を圧倒した。

また、総合商社の三菱商事・三井物産・丸紅・住友商事は11位までにランクイン。こうした待遇面での魅力も、就職人気の高さにつながっている。

 対象企業1635社の平均生涯給料は2億2304万円。また、推計の生涯給料3億円超になった企業は163社と全体の上位10%に限られた結果となった。

引用:東洋経済オンライン

Sponsored Link

東京本社の生涯給料が高い企業ランキング2019一覧!一位はどこ?【画像】

東京本社の生涯給料が高い企業ランキングトップテンをまずはご紹介します。

1位 M&A

【生涯給料】
10億7394万円

【平均年収】
2478万円

【平均年齢】
31.3歳

2位 GCA

【生涯給料】
7億8287万円

【平均年収】
2063万円

【平均年齢】
37.9歳

3位 ストライク

【生涯給料】
6億0187万円

【平均年収】
1539万円

【平均年齢】
36.2歳

4位 ヒューリック

【生涯給料】
5億9992万円

【平均年収】
1636万円

【平均年齢】
39.8歳

5位 三菱商事

【生涯給料】
5億7659万円

【平均年収】
1607万円

【平均年齢】
42.5歳

6位 日本M&Aセンター

【生涯給料】
5億6417万円

【平均年収】
1413万円

【平均年齢】
35.1歳

7位 フロンティアマネジメント

【生涯給料】
5億2569万円

【平均年収】
1398万円

【平均年齢】
38.5歳

8位 三井物産

【生涯給料】
5億7659万円

【平均年収】
1430万円

【平均年齢】
42.2歳

9位 テレビ朝日ホールディングス

【生涯給料】
5億1590万円

【平均年収】
1387万円

【平均年齢】
42.7歳

10位 丸紅

【生涯給料】
5億0391万円

【平均年収】
1389万円

【平均年齢】
41.9歳

M&Aが1位、6位には日本M&Aセンターも入っています。

Sponsored Link

東京本社の生涯給料が高い企業に世間(ネット)の声や反応は?

東京本社の生涯給料が高い企業についてネットでも話題になっています。

  • 元勤務先と現勤務先、両社ともランキング表の中にあるが、元勤務先の平均年収はじめ色々と??な疑義を禁じ得ない。
    集計の仕方、或いは元勤務先が都合のいい・外面を良くする虚偽の数字を報告しているのかなと感じた。少なくとも、現勤務先へ転職した際の1年目の年収は100万円以上増えたし、元勤務先の平均年収からして大幅にサバ読んでいる印象がある。結構定期的に残業代の未払いで労基から指摘くらってたし、地方の営業所なんかは早朝出勤・深夜残業があっても基本的にタイムカードは定時に押しておく様に営業所長から指示が出ていると同期連中から聞いたし。これ自体、どうも会社上層部の通達に基づいてのことらしいし、所謂ブラックな会社なイメージしかない。東洋経済のこの手のデータは参考程度に見ておいた方がいいと常々感じてる。というか、参考にならないケースも多々あるのではないかと思う。
  • 羨ましい。
    でも、これらの企業に就職できたのは、きっと小さな頃からの努力の積み重ねがあったからだと思う。将来見据えて、勉強頑張ったり、遊びを我慢したり、、
    私は遊び放題だったからな(笑)
  • 欲を言えばきりがないが、今の会社でも家が買えて、子供3人大学まで面倒見れて、好きな趣味もやってこれて、老後の蓄えも出来て自分一人の稼ぎでできたので十分。これ以上は望まない。
  • ここに入った総合職の人は小さいころから勉強頑張っていい大学いって選択肢増やせた人なんだろうな。違う人もいるだろうが割合的には勉強頑張た人の方が多いのは間違いないだろうな。今更遅いが。
  • 企業ランキングも違うものに変えた方が良い気がする。入社5年の給料ランキングとかどうかな?
    各企業の景気も反映されやすく見ごたえあるだろうし、転職や投資先差が探す情報として役立つと思う。
    もちろん、新卒と中途だと随分違うのでそこは入社年齢や役職採用を分けて。まあ取材が大変でやら無いでしょうけど、あれば見てみたいと思う。

Sponsored Link

まとめ|東京本社の生涯給料が高い企業ランキング一覧!一位はどこ?【画像】

今回は、東京本社の生涯給料が高い企業についてみてきました。

東京に本社を置く一生涯のもらえる給料が高い会社は、M&Aが首位でした。

いちど入社した会社で自分が定年を迎えるまでどれだけ給料がもらえるのかと言うことはサラリーマンにとってはかなり重要ですよね。

できれば、一生涯でもらえる給料を事前に把握し入社できれば自分の生き方も見えてきます。

こういったランキングはやはり注目すべきですね!

今後も、東京本社の生涯給料が高い企業に注目したいと思います。

それでは今回はこの辺で、最後までお読みいただきましてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です